「火の鳥2020(原題)」のあらすじ

財閥令嬢のジウン(ホン・スア)は堂々とした性格で、周りから誤解を受けることもあったが、父の会社で結果を出そうと奮闘していた。ある日運転していた車が家具デザイナーのセフン(イ・ジェウ)の作業場に突っ込んでしまう。怒り心頭のセフンだったが、たくましいジウンに驚きつつ興味を抱く。ジウンの両親は御曹司のジョンイン(ソ・ハジュン)との見合い話を進めるが、その後ジウンはセフンと再会。2人は惹かれ合う。令嬢のジウンと貧しいセフンの結婚に周囲は反対するが、ジウンは身ごもり押し切って結婚を決める。しかし、ジウンの両親とセフンの対立は激しさを増し、結局ジウンは子供を流産してしまい離婚を選ぶ。ジウンに裏切られたと誤解し、セフンは彼女の前から姿を消すことに。その後ジウンの父が事故死し、ジウン一家は没落してしまう。10年後、ハウスキーパーとして働くジウンは、ジョンインの双子の弟、ジョンミン(ソ・ハジュン/二役)と出会い惹かれていく。その頃ジョンインは米国在住のやり手ビジネスマン、ウィリアム・チャンをスカウトする。ある日、ジウンはハウスキーピングで訪れた邸宅でセフンと再会。実はウィリアム・チャンの正体は、ジウンと離婚後に化粧品会社を興し成功したセフンだった。10年ぶりの再会に心が揺れる2人。だが、ジウンの横にはジョンミンが、そしてセフンの横にはアメリカで出会ったミランダ(パク・ヨンリン)がいた。愛と憎しみの間で揺れ動く2人の運命は…。

番組紹介へ

各話あらすじ

第41話ミランが立ち上がる姿を目撃し、責めるジウンだがミランは悪びれる様子も見せない。ソ会長との約束を守るためにジョンミンを冷たくあしらうジウン。しかし事の顛末を知らないジョンミンは納得がいかない。ジウンの前に現れたジョンミンは理由を聞かせろと言うが、ジウンは冷めたからだとウソをつく。そんなジウンを抱きしめるジョンミン。しかし、2人の姿をカメラに収める男が…
第42話ソ会長に罵倒されたジウンは、ジョンミンに嫌いになったと伝え、決してうまくいかない仲だと告げる。そしてジウンは過去にセフンが受けた侮辱を思い出し、セフンに謝罪するのだった。そしてセフンもジウンに自分の過ちを謝った。ジョンミンは父がジウンに謝るように頼むがその確執は埋まらない。そんな中、ジウンが出かけた生地の工場で火事が起こった。ジョンミンは火の中にいたジウンを救い出し、愛してると告白する。
第45話数日前のクリスマス。ジウンの家に遊びに来たジョンミンは、休暇には火の鳥の生息地である南アフリカに行こうとジウンを誘う。ジウンの母を交えた話の中で火の鳥の花を描いた絵の存在を知ったジウン。その絵はジョンミンが買ったものだと言うが、腑に落ちないジウンは母親に贋作の存在を尋ねるも、模倣は難しいという。一方、手首を切ったミランは病院にいた。病室にミョンファが現れ、ミランを言葉巧みに誘導する。
第46話ジウンがウソを知りながらもミランをスペシャルイベントに出したのは火の鳥の花の絵ががん作で、絶体絶命に陥ったと主張するミョンファの頼みだった。会長は実はミョンファの指示だったと知り驚がくするが、情報提供者捜しと共にミョンファの調査を進める。そんな中、ジウンは1人の記者に会う。彼は亡くなったジウンの父を慕う人物で、会長を脅迫した記者だった。そして情報を提供したのはほかならぬジウン自身であった。
第47話記者に情報提供したジウンは会長を動かし、ミランに記者会見させることに。ミラン自身も葛藤しながら、今後のためには記者会見が必要だと考えていた。そこへセフンが現れ、ミランを刺激してしまう。裏でうまく動きながら復讐を進めるミョンファは、そんなセフンを叱責しミランに“私が助ける”と助言するのだった。一方、自分を成長させてくれたのは誰だろうかと自問自答したジウンだが、それはジョンミンであったことに気づき…
第48話ミョンファは深い憎しみを抱えて、ソ会長への復讐を着々と進める。その復讐劇は10年以上前から始まったものだった。本名は“ペク・スンジュ”。ミョンファという名は彼女の亡くなった友達の名前で、その友達の兄もグルになって身元さえも偽っていた。一方、ミョンファのウソを知ったソ会長は自身へ向けられた憎しみの原因を思案する。そして裏で逆転劇への準備を始めるのだった。またジウンもミョンファへ宣戦布告をする。
第49話ミランの記者会見当日、ミョンファのウソに気付いたジウンは彼女に宣戦布告をする。そんなジウンをソリンから追い出したいミョンファはセフンをうまく丸め込み、ジウンを追い出す計画を企てる。一方、ミランは自身が歩けるのは当たり前のことだとジウンに告げ、ジウンをあきれさせる。そんな中、セフンの知らないところでジョンミンを共同代表に就任させる話が持ち上がり…
第50話ミランは記者会見で歩けるのに車イスでショーに出たと話す。しかしそれはジウンの脅迫によるものであり、ジウンとセフンが夫婦だったと暴露するが、会見場にミランが詐欺を働いた証拠の音声が流れ、結局すべてミランの詐欺ショーだったことが明るみに出る。また、その証拠の音声ファイルはナギョンがジョンミンに渡した物だった。一方、その会見を見ていた会長はそのショックで倒れてしまう。
第51話ソ会長が倒れ、定期検診を怠らなかった父親の急な病状悪化を怪しむジョンミン。ミョンファは会長の病状悪化はジョンミンがジウンを諦めなかったせいだと泣き叫びジウンを罵る。しかし、会長には思惑があり、その思惑を知る人物はジウンただ1人だった。倒れたのはミョンファを陥れるための計略で、会長の手足となって動くことになったジウン。こうして会長とミョンファのだまし合いが始まった。
第52話会長が倒れたのは、実はミョンファをだますための演技だった。病院にいる間の調べで、ミョンファは土地の売却を進めて現金を集め、会社の株を買いあさっていた。そして、ミョンファという、まったく他人として歩んできたことも分かった。一方、ジウンにミランの動画を送ったのはセフンだったと分かる。そこにジョンミンが現れ、ジウンとの仲を邪魔するなというが、セフンも譲らないと宣戦布告する。

« 3 4 5 6 7 »

ご視聴に関するお問い合わせはこちら

KNTVカスタマー 03-6809-5301

受付時間:平日10時~12時、13時~18時(土日祝/年末年始はお休み)

ページの先頭へ