「偶然見つけたハル(原題)」のあらすじ

ダノ(キム・へユン)は財閥の子息たちが通うスリ高校の2年生。裕福な家庭に育ち、明るく優しい性格でクラスの人気者。学校のイケメン3人組“A3”の一人、ギョン(イ・ジェウク)とは婚約関係にあり、まるでヒロインのような人生を送っていた。そんなある日時間がタイムスリップしたり、自分の気持ちとは裏腹な行動をしてしまう現象に気づく。持病の心臓病と関係があるのかと心配になったダノは原因を探るうちに図書館で『秘密』というマンガを見つける。その中に描かれていたのは、なんと自分やギョン、クラスメイトたちの姿だった!謎の給食料理人ミチェ(イ・テリ)に自分たちが生きているのがマンガの中の世界だと衝撃の事実を教えられるダノ。追い打ちをかけるようにA3のナンバー1ナムジュ(キム・ヨンデ)がいじめられっ子のクラスメイト、ジュダ(イ・ナウン)に電撃告白。ナンバー2のドファ(チョン・ゴンジュ)もジュダに想いを寄せ、ダノは婚約者のギョンからも冷たくあしらわれてしまう。自分がヒロインではなくエキストラだったと知り、ギョンへの想いも漫画家が描いた設定だったことに気づく。そんな中、同じくエキストラ役だった出席番号13番の男子生徒(ロウン/SF9)と出会う。ストーリー上、自身が心臓病で命を落とすキャラだと知ったダノは、出席番号13番こそがストーリーを変える鍵だと確信し彼に“ハル”と名付けシナリオにない行動にうって出ることに!ミチェはストーリーを変えるとある弊害が起きると警告するのだが、次第にハルにも自我が芽生え始め…。

番組紹介へ

各話あらすじ

第1話かわいくてか弱い社長令嬢、誰もが羨む女子高生ウン・ダノ。しかし、ダノの日常生活に異変が起こる。記憶を失ったり変な音が聞こえたり、未来が見えたり!学食のイケメンお兄さんチン・ミチェから言われた衝撃の事実は、「この世界は漫画世界で、「自我」を持つキャラクターのみ、この世界に違和感を感じる」のだと…!ストーリーが進行するシーンを「ステージ」、ストーリーではないため漫画に描かれない部分を「シャドウ」と言い、自我を持っていないキャラクターは「シャドウ」でのことは全く覚えていないと教えられる。
第2話漫画のヒロインらしく、学校のイケメン集団「A3」に思いを寄せられていると思い込んでいたダノ。しかし、A3のNo.1でありこの漫画の男性主人公、オ・ナムジュの愛を一身に受けるヒロインは、ヨ・ジュダだった!さらに衝撃なことに、ダノはエキストラに近い小さな役だった。作者の設定じゃなく自分の人生を生きると意気込むダノに、作者の設定じゃないはずのある出来事が起こる。そのきっかけになった顔も名前もしらない人物を、ダノは必至で探し始める。
第3話やっと見つけた謎の人物!話しかけようとしたその瞬間、シーンが変わりダノは病室で目が覚める。退院したダノは、謎の人物が同じクラスであることを突き止めるが、彼は名前も持っていない「出席番号13番」で、出番なんてほぼないエキストラであることを知る。何度見つけて話しかけても、シャドウでの出来事のためダノを覚えていない様子の「13番」。それでもダノは諦めず、彼を見つけては話しかけるのだった。一方、ダノとミチェから「自我」と「漫画の世界のルール」を教わったドファは動揺を隠せない。
第4話修学旅行のペア ナイトトレッキングで、ダノは作者の作ったストーリー通りにギョンとペアになり、はぐれて迷子になる。そんなダノをギョンが探しに来るストーリーのはずが、現れたのは13番の彼だった。13番が案内してくれた美しい水辺で、ダノは彼に「ハル」という名前を付ける。でもシーンが変わると、ハルはダノのことをまた忘れるようだった。
ダノとギョン両家の食事会の日。しかし肝心なダノが欠席する。ダノの父から多額の出資を受けているギョンの父は、ギョンがダノの機嫌を取れなかったせいだと言ってギョンを殴ってしまう。
第5話ダノはどういう訳かギョンに婚約破棄を言い伝え、シャドウではドファと一緒に自我が生まれたハルに漫画の世界のルールを教えられ幸せいっぱい。そんなダノに、ミチェは“ステージを変えるとこの世界が壊れてしまう”と警告するがダノは聞かない。そんな中、ナムジュが誕生パーティーでジュダとの交差宣言をするネームが見えてしまったダノ。どうにかステージを変え、ドファがジュダに思いを伝えるチャンスを作ろうと大奮闘するダノとハルのおかげで、ステージが変わりドファはジュダへの告白に成功。すべて順調のように思えたが…
第6話ギョンがダノとの交際宣言をする内容に変わってしまったステージ。ミチェはハルに、ステージを変え続けたらハルの存在が消えてしまうだろうと警告するが、ハルの気持ちは変わらない。ナムジュは嫉妬のあまりドファをA3から除名し、ハルにA3加入を提案する。ハルはどんどんクラスで注目されるキャラクターになっていく。一方ステージでは、ダノはギョンにデートに誘われるがドタキャンされる。そこにハルが現れ、ダノとハルは映画デートを楽しむ。また、プールに溺れたダノを助けるためプールに飛び込むハル。しかしダノが病院で目が覚めると、そばにいるのはギョンだった。
第7話突然消えてしまったハルを必死で捜すダノ。しかし、誰一人ハルのことを覚えていなかった。ハルが消えたのは自分がステージを変えたせいだと悲しみに暮れるダノ。そんなダノに、自我が生まれたギョンはハルの代わりにステージを変える手伝いをすると言う。一方、ステージでは、ナムジュの母がナムジュとジュダの恋を邪魔し始める。また、体育祭では、ダノはギョンと二人三脚に出る羽目に。しかし心臓の痛みで思わずしゃがみ込むダノをギョンは見捨ててしまう。そんなダノの前に、消えたはずのハルが突然現れる。しかしハルはダノとの思い出を何一つ覚えていなかった。
第8話まるで親友のようにいつもギョンのそばにいるハル。ダノはハルの冷たい態度がつらくて耐えられない。一方ステージでは、ナムジュが校内放送で、誕生パーティーでできなかったジュダとの交際を宣言。ダノとドファは、ステージを変えても結局作者の意図通りに進むストーリーに、自分たちの無力さを痛感する。しかもダノはステージで、父にギョンと結婚したいと伝えるのだった。ダノとギョンの結婚が現実味を帯び始めた頃、ギョンは偶然目にした「凌霄花(ヌンソファ)」という漫画のセリフと同じセリフを言うダノに驚く。ダノは、ハルの記憶が戻らないことがもどかしくて涙するが、今度は何も変えないと心に決める。
第9話ステージを変えたことを後悔して涙を流すダノの前に、記憶を取り戻したハルが現れ“もうどこにも行かない”と誓う。一方ギョンは、シャドウになるとハルのことで頭がいっぱいになるダノに、“ステージでのダノが本物であってほしい”と言うのだった。ステージでは、またジュダがセミたちのいじめに遭っていた。そんなジュダをドファが助けるが、ステージになるとジュダを助けに来たのはナムジュになる。ダノとギョンのステージでは、余命宣告を受けたダノの望みを叶えるため、ギョンとの結婚式が急がれる。それでもステージやシャドウで、ダノにつらく当たるギョン。ハルはギョンにダノを傷つけるなと警告し、“僕はハルが好きだ”とはっきり言う。
第10話ハルは、またダノとそっくりな人物の夢を見て、“始まりはこの漫画ではない”と言ったミチェの言葉を思い出す。ギョンは、ミチェが燃やした漫画「凌霄花(ヌンソファ)」の数ページを手に入れ、ストーリーの一部を知る。またドファから、ギョンがダノとの交際宣言をしたのは、ハルがステージを変えたからだと聞かされる。一方、ギョンから“お前にダノの運命は変えられない”と言われたハルは、ギョンの目の前でステージを変えて見せる。しかしそのまま入院するステージに突入したダノは、ハルとの約束を守れないまま数週間が過ぎてしまう。ギョンが見舞いに来るステージが終わってやっと自由に動けるようになったダノは、病室を飛び出す。

1 2 »

ご視聴に関するお問い合わせはこちら

KNTVカスタマー 03-6809-5301

受付時間:平日10時~12時、13時~18時(土日祝/年末年始はお休み)

ページの先頭へ