「世子(セジャ)が消えた(原題)」のあらすじ

宮廷を抜け出した世子イ・ゴン(スホ/EXO)は、腹違いの弟・トソン大君(キム・ミンギュ)と一緒に通りを歩いていたところ、偶然詐欺師と遭遇し成敗していた。その頃、宮廷では世子がいなくなったことが騒ぎとなる。宮廷に戻った世子は父親のヘジョン王(チョン・ジノ)に叱れ、世子を心配した王と前王の王妃ミン氏(ミョン・セビン)は、世子の婚姻を急ぎ、王の主治医チェ・サンロク(キム・ジュホン)の一人娘ミョンユン(ホン・イェジ/PRODUCE48出身)が世子嬪候補にあがる。ある日、ゴンは世子の別監<ピョルガム>カプソク(キム・ソルジン)と宮廷で釣りをしていると少女の死体が上がり大騒ぎとなる。検視の結果、死因は自殺と断定されるが、少女と面識があったゴンは、死因を疑い調べ始める。 宮廷を歩いていたところ、ゴンは時間と場所が書かれたメモを拾い、その夜、カプソクと一緒にその場所に隠れて待ち伏せをしていた。そこへ現れたのはなんと、ミン氏とある男で、逢引きしているところを目撃してしまい、2人が去った後、その場に医術に使う鍼の筒が落ちているのを見つける。気になったゴンは、医師のサンロクに助言を求めるため夜に宮廷を抜け出したところ、ポッサムされてしまい…。

番組紹介へ

各話あらすじ

第1話 お忍びの外出ある日の夜、国王ヘジョンが夜風に当たっていると、くせ者らが王宮に侵入したとの一報が入る。ヘジョンは、すぐさま世継ぎである世子イ・ゴンの安全を確認するよう告げるが、世子はその時お忍びで市中に出ていた。王宮に戻ったゴンは女遊びをするために外に出たのかと父親に怒られ、重臣らもゴンの異母弟であるトソン大君のほうが世継ぎにふさわしいのではないかと口々に言い始める。
第2話 娘のための厄払い父親である御医チェ・サンノクの指示で薬を飲まされた娘のミョンユン。ミョンユンが目覚めると隣にはさらわれてきた見知らぬ青年が横たわっており、自分たちは婚礼服をまとっていた。自身の厄払いのために父親が仕組んだことだと気付いたミョンユンは、小間使いのふりをして青年を逃がすが、その頃王宮では世子付きの別監カプソクからの報告で世子が消えたと騒ぎになっていた。
第3話 王と大妃の対立大妃の手下である尚膳らに命を狙われたゴンは間一髪のところでカプソクに助けられ、ミョンユンの言葉を思い出して丹鳳門へと向かう。ところが深手を負ったゴンは医院には行くなと言い残して意識を失ってしまう。王はゴンを捜すために国の事変を意味する吹角令を下すが、大妃はそれを解除させるために王を脅迫する。その頃、サンノクの元には鍼筒の件でトソン大君が訪ねてきていた。
第4話 親としての選択王の側近が死んだという一報が王宮に届いた。ゴンの異母弟で王妃の実子であるトソン大君は真っ先に外祖父である左議政を疑うが、孫の将来を案じる左議政は今は力のある大妃側に付くべき時だと大君と王妃を諭す。その後、妓楼で偶然ミョンユンと再会した大君は、もう決まった嫁ぎ先があるというミョンユンの言葉に衝撃を受けるが、その様子を離れた所からひっそりと見ている者がいた。

1

KNTV+リニューアル

ご視聴に関するお問い合わせはこちら

KNTVカスタマー 03-6809-5301

受付時間:平日11時~13時、14時~17時(土日祝/年末年始はお休み)

ページの先頭へ