「メビウス:黒い太陽(原題)」のあらすじ

ハン・ジヒョクの事件から遡ること4年前——。国際部記者のスヨン(パク・ハソン)は最愛の姉を殺され、復讐のため国家情報院に入る。中国の現場でようやく犯人を追い詰めるも、犯人に殺されそうになった瞬間、ブラック要員のチョヌ(チョン・ムンソン)に救われる。復讐だけを糧に生きてきたスヨンは、チョヌに自分と同じものを感じる。だが、チョヌは国家情報院の裏切りを知り、姿を消してしまう。その後、韓国に帰国を命じられたスヨンは麻薬組織を追う作戦に投入されるが、そこでチョヌが生きていることが判明。国家情報院を離れたチョヌは闇の組織に潜入していたのだった。次長のジンスク(チャン・ヨンナム)はスヨンの気持ちを知りつつ、組織を優先しチョヌとスヨンを利用しようとする。スヨンは単独で国家情報院の闇を暴こうとするが、そこには「メビウス」と呼ばれる化学兵器が関係していることが分かる。任務とチョヌの間で、スヨンは選択を迫られることに…。

番組紹介へ

各話あらすじ

第1話記者だったスヨンは、自身が取材で追っていた麻薬密輸犯のイ・ゴノに姉を殺されてしまう。数年後、復しゅうのため国家情報院の要員になったスヨンはブラック要員チャン・チョヌをフォローする任務で中国にいた。ある日、チャンの取り引き相手がイ・ゴノだと知ったスヨンは任務中にもかかわらず持ち場を離れ取り引き現場へ。ゴノに殺されそうになったところを危機一髪でチャンに助けられるが、その後チャンは姿を消してしまう。
第2話(最終話)取り引きに関する事実を知ってしまったスヨンは、中国にいた頃から慕っていた先輩要員のキム・ジェファンに殺されそうになる。キムは献身しても報われない要員生活に嫌気が差し、生物兵器のブローカーとして金銭を受け取っていた。ト次長はチャンを最初から切り捨てるつもりだったと知り憤慨するスヨンだったが、自分がチャンに利用されていたことに気付きショックを受ける。それでもスヨンはチャンを説得しようとするのだが…

1

「メビウス:黒い太陽(原題)」がお好きな方にオススメの番組

ご視聴に関するお問い合わせはこちら

KNTVカスタマー 03-6809-5301

受付時間:平日11時~13時、14時~17時(土日祝/年末年始はお休み)

ページの先頭へ