「私を愛したスパイ(原題)」のあらすじ

ドレスデザイナーのアルム(ユ・インナ)はウェディングドレスの商談に行った先で事件に巻き込まれるが、そこで旅行作家のジフン(エリック)に出会い惹かれ合う。2人は半年後に結婚するが、ジフンは頻繁に海外出張に出かけ、どこか秘密を抱えていた。距離を感じたアルムは結局離婚を決意する。それから5年後、アルムは友人のソフィー(ユン・ソヒ)のドレスの納品で訪れた先でジフンと劇的に再会を果たす。アルムとの再会に心揺れるジフン。だが、アルムは既にデリック(イム・ジュファン)と再婚していた。そんな中ソフィ―が事件に巻き込まれ命を落とす。ソフィーの友人としてアルムは重要参考人となり、犯人から命を狙われる可能性も浮上、護衛がつくことに。アルムの前にボディガードとして現れたのはなんとジフンだった!実はジフンはインターポールの凄腕スパイで、5年前もアルムに心配をかけまいと身分を偽っていたのだった。こうしてジフンとアルムは行動を共にしながら真犯人を探すことに。一方デリックはジフンの存在にただならぬものを感じ警戒する。実はデリックはジフンと敵対するスパイ組織、ヘルメスの一員なのだった。前夫と現夫、スパイたちとの恋と事件の行方は…。

番組紹介へ

各話あらすじ

第6話 拭えない不信感財閥であるDDKグループの令嬢、キム・ドンランが手掛けるチャリティーイベントに出品するドレスを作るよう頼まれたアルム。ヒョンも来るはずのイベントだが、一向に現れない彼に連絡をするために館内から出ると、誰かと話すヒョンがいた。相手は、ドンランの異母兄妹の兄であるキム・ドンテク。ヒョンは以前、共通の趣味があるとドンテクを紹介したが、声を荒げるドンテクを見て不信感を募らせる。また、家に届いた荷物を届けにヒョンの元を訪ねると…。
第1話 私たちは運命かアルムダウンドレスのデザイナーであるカン・アルムと彼女の夫、外交官であるデリック・ヒョンは、アルムの20年来の友人のアン・ソフィーがきっかけで出会った。アルムとヒョンは、週末に行われるソフィーの結婚式へと参加するために済州島へと訪れる。時を同じくして、アルムの前の夫であるチョン・ジフンも済州島へと足を運んだ。しかし、現在の夫と前の夫であるヒョンとジフンにはアルムの知らない隠し事があった。
第2話 結婚前夜に消えた花嫁あるCIAがヘルメスに寝返ったことを証言できる情報屋と連絡を取り済州島に来たジフンだが、そこでソフィーの正体を知る。インターポールのライバル組織であるヘルメスのスパイ、ピーターもソフィーの正体に気付き彼女を探し回る。結婚式前夜に消えた花嫁から、翌朝アルムの元へ電話がかかってきた。“周りの人を信用してはいけない”と言うソフィーに会うため、遊園地に向かったアルムだが思いもよらない展開が彼女を待ち受けていた。
第3話 闇に葬られた真実何者かによって殺害されたソフィーだが世間は彼女の死の真相を明らかにしない。ソフィーを殺害した犯人を探し出そうと捜査を進めるインターポールのスパイたち。同時に、ソフィーの友人でもあるアルムもソフィーの死には不可解な点が多すぎることを理由に事件の真相を探ろうとする。アルムが追悼ミサに訪れた際、ソフィーの研究所近くの宿舎に寄ると不審な男がソフィーの部屋の前にいるのが見えた。男を追いかけようとするアルムだが…。
第4話 偶然などなかったソフィーの部屋を物色していた怪しい男を逃したアルムとジフン。インターポール産業機密局局長のパン・ジンミンはアルムが事件に関連があるとにらむ。ジンミンはアルムに協力を要請するようジフンに呼びかけ、その際に正体も告げろと促す。警察庁外事局に呼び出されたアルムは、ソフィーのハンドバッグに入っていた物をジンミンに渡した。時を同じくして、警察庁外事局に呼び出されたジフンは2人がいる部屋の扉を開ける。
第5話 それぞれの隠し事アルムはついにジフンの正体を知り、ソフィー殺しの犯人捜査に協力することに。ソフィーが亡くなったあと、すぐさま韓国を出国した婚約者のチェン・リーが外務省主催の環境協約セミナーに出席する。ジフンとアルムがチェンに接触すると、彼自身もソフィーの死に対する不信感を訴えた。アルムが運営するドレスショップに戻り防犯カメラの位置を確認していると、ジフンはシャンデリアの一部に隠しカメラが設置されていることに気が付いた。
第6話 拭えない不信感財閥であるDDKグループの令嬢、キム・ドンランが手掛けるチャリティーイベントに出品するドレスを作るよう頼まれたアルム。ヒョンも来るはずのイベントだが、一向に現れない彼に連絡をするために館内から出ると、誰かと話すヒョンがいた。相手は、ドンランの異母兄妹の兄であるキム・ドンテク。ヒョンは以前、共通の趣味があるとドンテクを紹介したが、声を荒げるドンテクを見て不信感を募らせる。また、家に届いた荷物を届けにヒョンの元を訪ねると…。
第7話 真実を知ることの恐怖ヒョンが足しげく通う“Mクラシック”で、ソフィーの家の玄関前にいた男に当てた物と同じようなスパナを見つけるアルム。Mクラシックの社長であるティンカーを疑いながら独自に調査をするアルムと、そんな彼女に気付いて話を聞き出そうとするジフン。しかし、真相に迫ることに恐怖を覚えたアルムは自分の知っていることを話し出せない。ある日、家に帰るとヒョンがいないことに気付いたアルムが彼の部屋へと足を進めると、ある物を発見した。
第8話 相手を想うウソジフンと同じように、アルムに自分の正体を告げたヒョンは事実を話したことで傷つく彼女を見てこの世界から手を引こうと決意する。一方、政略結婚を控えたドンランにウェディングドレスを披露するアルムだが、ドンランが選んだのは候補にもなかったソフィーが結婚式で着る予定のものだった。丹精込めて作ったドレスを前掛けだと言うドンランに、意地でも着させないと心に決めたアルム。彼女がドレスをやぶると、その中から…。

1

ご視聴に関するお問い合わせはこちら

KNTVカスタマー 03-6809-5301

受付時間:平日10時~12時、13時~18時(土日祝/年末年始はお休み)

ページの先頭へ