「私を愛したスパイ(原題)」のあらすじ

ドレスデザイナーのアルム(ユ・インナ)はウェディングドレスの商談に行った先で事件に巻き込まれるが、そこで旅行作家のジフン(エリック)に出会い惹かれ合う。2人は半年後に結婚するが、ジフンは頻繁に海外出張に出かけ、どこか秘密を抱えていた。距離を感じたアルムは結局離婚を決意する。それから5年後、アルムは友人のソフィー(ユン・ソヒ)のドレスの納品で訪れた先でジフンと劇的に再会を果たす。アルムとの再会に心揺れるジフン。だが、アルムは既にデリック(イム・ジュファン)と再婚していた。そんな中ソフィ―が事件に巻き込まれ命を落とす。ソフィーの友人としてアルムは重要参考人となり、犯人から命を狙われる可能性も浮上、護衛がつくことに。アルムの前にボディガードとして現れたのはなんとジフンだった!実はジフンはインターポールの凄腕スパイで、5年前もアルムに心配をかけまいと身分を偽っていたのだった。こうしてジフンとアルムは行動を共にしながら真犯人を探すことに。一方デリックはジフンの存在にただならぬものを感じ警戒する。実はデリックはジフンと敵対するスパイ組織、ヘルメスの一員なのだった。前夫と現夫、スパイたちとの恋と事件の行方は…。

番組紹介へ

各話あらすじ

第11話 絶対的な味方ドンランの結婚式当日、何者かによって情報を知ったドンテクは慌てて式場を後にしそのまま日本へと逃亡する。ドンテクを取り逃がしてしまった原因は、インターポールに寝返ったヒョンが二重スパイとして動きヘルメス側に漏らした可能性が高いと考えられた。しかし、実際はヘルメスに買収されたインターポールの内通者の仕業だと発覚する。家族同然のように思っていた仲間に裏切り者がいることを知り、落ち込むジフンに予想外の展開が。
第12話 大切なものを守り抜くにはヘルメスに買収されたインターポールの内通者として疑われてしまうジフン。そんな中、インターポール産業機密局第二アジア支部は懲戒処分を受け解散することを局長のジンミンから告げられる。インタポールの有能な新人キム・ヨングの助けを借りて逃亡を続けるジフンだが、ヨングから渡された情報からチーム内で怪しい動きをしている人物を見つける。一方、アルムは今まで知らなかった過去の事実を知ることになり…。
第13話 約束を果たすためにインタポールのメンバーの活躍により、ついに内通者が明らかになる。ジンミンからジフンに対する誤解も解け、臨時的に再結成したインターポールは内通者を捕まえるべく潜伏先へと向かう。しかし、そこで内通者が会っていたのは思いもよらない人物だった。一方、自分を欺き続けたヒョンから送られてきたメッセージにただならぬ雰囲気を感じたアルムはMクラシックカーへと向かう。しかし、そこにヒョンの姿はなく代わりに眩しい車のライトが目に入った。
第14話 裏切りと後悔ヒョンの母親でありヘルメスのボスだったヘラ・シン。インターポールに協力をしながらも最愛の家族である母親を裏切ることにためらいがあったヒョンだが、彼にとっての家族は母親だけじゃない。ヒョンに決断の時が訪れる。そして、ジフンの父親のような存在でありインターポールの内通者だったテリョン。本当の家族のように思っていた人に裏切られ絶望のふちに沈むジフンだが、最後のけじめをつけるべく港へと向かった。
第15話 裏切りと後悔ソフィー殺しの犯人はヒョンだと告げられひどく動揺するが、彼が助かる方法を懸命に探し続けるアルム。情報屋であるアルムとヒョンを助けるべく、ジフンも協力を厭わない。しかし、病院にいるはずのヒョンは監視役であるヨングの隙をついてどこかへと行方をくらましてしまう。インターポールが必死の思いで捜索を続けると、10日前に貯水池に向かったとの情報が入る。ジフンはヒョンを説得しようと貯水池へと向かうが…。
第16話(最終話) 巡り巡る アルムの前からヒョンが姿を消して2年。その間に、ジフンはヨーロッパへ飛び立ち韓国に戻ってきた。2年ぶりにアルムと再会すると、彼女はアルムダウンドレスを本業とする傍らインターポールの情報屋として活動していた。気が進まないジフンだが、次の事件ではアルムの協力が欠かせず正式に捜査協力を依頼することに。夫婦のフリをして潜入する計画を立てる2人だが、作戦はうまくいくのか。

« 1 2

ご視聴に関するお問い合わせはこちら

KNTVカスタマー 03-6809-5301

受付時間:平日10時~12時、13時~18時(土日祝/年末年始はお休み)

ページの先頭へ