「アリス(原題)」のあらすじ

2050年、時間旅行システム“アリス”が存在する世界。アリスを構築した科学者ソニョン(キム・ヒソン)はある予言書を追って1992年にやってくる。だが自身が妊娠したことを知り、1992年にとどまり一人で息子ジンギョムを出産する。産まれた息子は生まれつき共感能力のない失感情症を抱えていた。高校生になったジンギョム(チュウォン)は校内暴力事件の加害者と疑われるが、無実を信じるソニョンは事件解決のため奔走。その後事件は無事に解決、共感できないことに苦しみつつもジンギョムは母に感謝の気持ちを伝えようと誕生日にケーキを用意し、お祝いする。しかしその直後、ソニョンは何者かに殺害されてしまう。命を落とす直前、ソニョンは「いつか私にそっくりな人物が現れても必ず避けなければいけない」と言い残す。その瞬間、ジンギョムは生まれて初めて涙をこぼし、犯人への復讐を心に誓う。時は流れ10年後。母を殺した犯人を捜すため刑事となったジンギョムの前に、亡くなった母と瓜二つの天才学者テイ(キム・ヒソン/二役)が現われる。その後連続殺人事件が発生。犯人が母を殺害したのと同一人物で、未来から来たのではないかと感じたジンギョムはテイに協力を依頼。2人は力を合わせて犯人を追うことに。そこにはアリスの壮大な秘密が隠されていた…。

番組紹介へ

各話あらすじ

第11話ジンギョムはオウォンが監禁されていた地下室を突き止めるのだが、そこにオウォンはいなかった。テイはヒョンソクを疑い、テイが持っていたUSBの映像を見たジンギョムはそれでもヒョンソクを信じようとする。無事に戻ったオウォンは時間旅行の阻止を断念すると言い、ジンギョムの能力に気づいたチョルアムはヒョンソクにジンギョムの始末を命令する。未来人だったヒョンソクはジンギョムに銃を向け、過去を振り返るのだが…。
第12話ジンギョムを殺せなかったヒョンソクはジンギョムの前で未来人のオウォンに殺害され、テイはヒョンソクから聞いた預言書の最後のページのことをジンギョムに話す。テイはジンギョムに、科学者として予言など信じないと言い、時間旅行を悪用する者たちを捕まえたいと言う。ジンギョムは過去人のオウォンの遺体を発見し、テイはソニョンの写真を見てショックを受ける。そして、ミンヒョクのひと言でテイの記憶が戻るのだが…。
第13話ソニョンは父親を殺されたテイとお腹の子供と3人で暮らそうとするのだが、テイが預言書をすべて読み、最後のページを持っていたことを知る。1992年に行ったテイはソニョンから預言書の最後のページの行方を聞き、1992年のジンギョムの様子がおかしいことに驚く。1992年のオウォンが殺されたことを知ったジンギョムとテイは事件の真相を調べ、ソニョンは未来から来たジンギョムのために手料理を作るのだが…。
第14話1992年を訪れたジンギョムは、ソニョンの遺体の前に立っているジンギョムに襲いかかり、テイは何者かに襲われる。何者かに刺されたジンギョムは元の世界に戻り、テイは1992年で手に入れた預言書の最後のページをジンギョムに見せる。テイはソニョンに会ってからソニョンの過去を見るようになり、ソニョンを殺した犯人を知っていたシヨンは、ミンヒョクにそのことを打ち明けようとして何者かに殺されてしまう。
第15話ソニョンを殺害した犯人のDNAとジンギョムのNDAを比較したテイは、二つが一致していることをジンギョムに伝える。ミンヒョクはテイを殺そうとするジンギョムを阻止し、ジンギョムの代わりにテイを守るようになる。真相に近づいたテイの前に謎の人物が現れ、アリスは時間旅行のことを知っている過去人を始末しようとする。テイを救おうとするミンヒョクを撃ったオウォンは、ジンギョムに撃たれてしまうのだが…。
第16話ジンギョムとテイの前に現れた年老いたジンギョムは、説得に応じないジンギョムに銃を向ける。過去に戻ったジンギョムは、未来人のヒョンソクに助けを求め、ソニョンを救うためにソニョンのあとを追う。未来人のオウォンはジンギョムを引き止め、ソニョンの前に年老いたジンギョムが現れる。年老いたジンギョムの話を聞いたソニョンは自殺をし、ジンギョムは年老いたジンギョムを撃ち殺す。そして、リセットが始まるのだが…。

« 1 2

ご視聴に関するお問い合わせはこちら

KNTVカスタマー 03-6809-5301

受付時間:平日11時~13時、14時~17時(土日祝/年末年始はお休み)

ページの先頭へ