「恋の始まりは出馬から!?~すべき就職はしないで出師表~」のあらすじ

正義感の強い契約社員セラ(ナナ/AFTERSCHOOL)はある日議員たちの違法賭博現場を目撃、逮捕に協力し表彰される。だがその後勤めていた会社を不当解雇され、区役所の事務補助アルバイトとして勤務することに。そこで原則主義者のゴンミョン(パク・ソンフン)の下で働くことなるが、セラは議会で勝手に発言し、またもクビになってしまう。議員たちがろくに仕事もしない中、高額の議員報酬を受け取っている実態を知り、憤りを感じたセラは就職ではなく、補欠議員選挙への立候補を決意する!素人ながら、29年間マウォン区に住み、地元を知り尽くしているセラは地道な選挙活動を行った結果、僅差で当選を果たす。晴れて議員生活をスタートさせるセラ。犬猿の仲のゴンミョンも慣れない彼女を何かと世話をすることに。実はセラとゴンミョンは小学校時代の同級生だった。一方議会にはメンドク(アン・ネサン)をはじめとする議員たちの思惑が渦巻いていて…。

番組紹介へ

各話あらすじ

第1話 5級公務員のゴンミョンは区長の不興を買い予算編成課から請願室に左遷される。マウォン区で生まれ育った正義感の強いセラは“火取り虫”という名前でマウォン区の問題点を見つけては区役所に訴え続けていた。ある日、ポイ捨てした車を追いかけたセラは区議の賭博現場を目撃し逮捕に協力したことで区から表彰される。だが勤めていた会社に不当解雇され区役所の請願室の事務補助としてゴンミョンの下でアルバイトをすることに。
第2話マウォン区議の補欠選挙に出馬したセラは選挙運動を始めるが、何の後ろ盾もないセラにはいばらの道だった。出馬を知った父ヨンテは激怒し出馬を辞退させようとするがセラが拒否したため家から追い出す。そんな中、サムマート物流センターの工事が始まり強引に可決した区議会に住民からの反発が高まる。区議会で意見し不当解雇されたセラに注目が集まると、認知度を上げるにはこれを利用するしかないとウヨンはセラを説得する。
第3話家族に対してまで悪質なコメントがネット上に広がり腹を立てたセラは投稿者を捕まえようとIDを追跡する。一方、ウンシルに自分の支持者になってほしいと頼まれたセラはそれを承諾しウンシルに請願手帳を渡す。その請願手帳に感銘を受けたウンシルは候補者合同演説会で立候補を辞退しセラを支持すると宣言するのだった。投票日が近づく中、セラはヘンボク洞へ向かい選挙運動を行う。そしてついに運命の投票日が訪れる。
第4話区議会議員として初めて議会に出席したセラは他の議員たちに無視され孤立する。一方、財政破綻の危機に陥ったマウォン区は地方債発行を巡り愛国保守党とみんなで進歩党の意見が6対6で割れ表決を行うことに。セラの1票で地方債の発行が決まる状況となり区議たちは急にセラに優しくなる。表決日の前日、セラはゴンミョンから地方債の説明を聞き職員の給料も払えなくなるほどマウォン区が赤字だと知り衝撃を受ける。
第5話メンドクの提案で区議会議員全員が給料を全額返納することに。セラはメンドクに発言撤回を求めるが却下され絶望する。しかしその一方で地方債発行同意案に無効票を入れたと勘違いされたことによりセラにチャンスが与えられる。チュサンから条例案の共同発議をしてみないかと提案されヒスと共に条例案を作ることに。満を持して迎えた条例案上程の日、無事に条例案は可決されるが発議者の名前がドンチャンの名前になっていて…
第6話懲戒処分中のセラの元に請願が舞い込む。ゴルフ練習場から家にゴルフボールが飛んでくるため何度も区役所に苦情を入れているが未解決のままだというおばあさんに、セラは必ず解決すると約束する。しかしなぜか区役所は取り合おうとせず消極的な態度を取る。そこでセラは直接練習場に出向くことに。そして偶然居合わせたドクグが口を滑らせたことでほとんどの区議会議員がゴルフ練習場からVIP利用権を受け取っていることを知る。
第7話チョンイ洞のゴルフ練習場が営業停止処分となり無事に請願を解決したセラは意気揚々と次の請願解決に乗り出す。マンションの警備員9人が契約満了前に契約の解除を通告されたと聞き調査すると、マンションの管理事務所にマウォン区から支払われていた雇用安定支援金が予算削減によって打ち切られたことを知る。削減された社会福祉予算を復元させるためにセラは区議会対抗の運動会で“シム・チャン・シ”とある取り引きをする。
第8話“シム・チャン・シ”の裏切りによって補正予算案は水の泡となりセラが救おうとしていたマンションの管理事務所の警備員たちは解雇されてしまう。セラは自分を責め自信を喪失する。連絡が取れなくなり心配したゴンミョンはセラが一番好きだという秘密の場所の写真を頼りにセラを捜し出す。励まされて感動したセラは告白するが断られてしまう。一方、区議会では長い間空席のままになっていた議長を選出することになるのだが…
第9話メンドクの策略によりセラは区議会の議長に当選する。更にメンドクはセラを操るため同行秘書にミンジェを推薦するがゴンミョンが同行秘書に名乗り出て阻止する。正式に秘書になったゴンミョンはセラを一人前の議長にすべくスパルタ式の授業を開始する。議長への事業推進費330万ウォンが振り込まれ喜ぶセラだったが区の予算削減によって支援を打ち切られた福祉団体などに次々と寄付してしまいゴンミョンをあきれさせる。
第10話セラとゴンミョンは周りに秘密でつきあうことにするが抱き合っているところをハンビとジャリョンに目撃され早速ばれてしまう。一方、セラの事務所にサラン洞の地名変更を再考してほしいと住民から手紙が届く。スマートワンシティー事業の一環で地名が変更されることを知ったセラは元の地名を残す方法はないか模索する。事業の経緯を調べる中で地名変更への住民の同意書を入手したセラとゴンミョンは不審な点に気付く。

1 2 »

ご視聴に関するお問い合わせはこちら

KNTVカスタマー 03-6809-5301

受付時間:平日10時~12時、13時~18時(土日祝/年末年始はお休み)

ページの先頭へ