「私がいちばん綺麗だった時」のあらすじ

高校生のファン(ジス)は教育実習でやってきたイェジ(イム・スヒャン)に淡い恋心を抱き、ある日イェジを家に招く。ファンの父は有名な陶芸家で、彼の大ファンだったイェジはファン一家の家で陶芸の勉強をすることになり親しくなる。イェジへの想いを募らせるファンだったが、ファンの兄でカーレーサーのジン(ハ・ソクジン)もまたイェジに好意を抱きアプローチする。ファンの気持ちを知りつつ、イェジはジンを選び結婚を決める。その後、ファンはアメリカに留学。一方ジンはレースから身を引くが、満たされない想いを抱えていた。夫を心配したイェジはレース復帰を後押しする。だがその後ジンは行方不明となってしまう。数年後、行方の分からないジンを待ち続けるイェジは義母からの圧力に耐えかね、ジンとの思い出の地、済州島にやってくる。イェジが突然いなくなったと連絡を受けたファンは済州島に向かい2人は再会を果たす。イェジに対し変わらぬ想いをぶつけるファン。動揺したイェジはファンを突き放すが、その後ファンは帰国。男らしくなって戻ってきた姿に次第に心が揺れ始める。そんな中、ジンが生きていることが発覚。イェジは最愛の夫と再会を果たすが7年ぶりに会ったジンは連絡できなかったある事情を抱えていて…。

番組紹介へ

各話あらすじ

第1話 俺がつきあってもいいな?ファンの高校に教育実習生としてやってきたイェジ。雨の中、ハスの葉を傘代わりにする姿を見たファンはイェジに淡い恋心を抱く。ファンは陶芸家である父のソンゴンを紹介するが、ソンゴンはイェジの憧れの陶芸家だった。するとそこに兵役を終えて久しぶりに帰ってきたファンの兄ジンが現れる。ジンはファンの淡い恋心に気づくが、ジン自身もイェジに惹かれていた。そこでファンに自分がイェジとつきあうと言うのだが…。
第2話 何かあれば連絡してイェジはダウンの家に居候することになった。イェジはソウルで叔母ジヨンが切り盛りする簡易宿に住み雑用をしていたが、横暴なジヨンからやっと逃れられた。しかしジヨンが高校に押しかけイェジについて何かを暴露しようとする。それを見たファンが慌てて間に入り、どうにかジヨンはその場を去る。イェジは過去のことを思い、気持ちが重くなっていた。そんなイェジの様子を見たジンは、何かあれば自分に連絡するように言うが…。
第3話 警戒してくださいファンはイェジに会うつもりで待っていたが、行き違いからイェジは現れなかった。何も知らないイェジはジンに誘われ海に行っていた。しかしイェジは過去の傷のせいで心を開くことはせず、誰とも恋愛したり結婚するつもりはなかった。しかしイェジの心はだんだんとジンに引かれているのも事実だった。それを知ったファンは、イェジに自分のことも警戒するように言うが…。
第4話 家族になってジヨンからイェジの過去を聞いたヨンジャは、イェジがソンゴンに弟子入りしたことに反対していた。ヨンジャはジンに言っても何も聞かないため、イェジに会い過去を知っているとほのめかす。ファンはまだ、イェジに対する思いを諦められないでいたが、どうにかして自分の気持ちに区切りを付け、イェジを義姉として迎え入れる決心をした。そしてジンはイェジに家族になってくれるようプロポーズする。
第5話 あなたが好きなことをしてジンとイェジは結婚、ファンはアメリカに留学して建築を学んでいた。ジンがいたレーシングチームはパン会長からスポンサーシップを断たれ、ジンは仲間にも背を向けられカーレースをやめていた。海外からスカウトもあったが断るジンを見て、イェジはもう一度走っていいと言う。ヨンジャは危険だからと猛反対したが、結局、ジンはアメリカでのラリーに参加することにした。ラリーのあとイェジが合流し旅行をする計画を立てるが…。
第6話 ここが私の家だからジンはアメリカでのラリー中に姿を消し、手がかりがないまま3年がたった。ファンはアメリカで留学中にジンを捜し続けていた。韓国ではイェジが新人陶芸家としてデビューすることが決まる。そのころイェジの母ゴウンも出所した。そんなある日イェジが会社の顧問弁護士スンミンと関係があると誤解したヨンジャは、イェジを家から追い出そうとする。しかしイェジはここが自分の家だから誤解されたまま出ていかないと言い張り…。
第7話 なぜ帰ってきたの?イェジは済州島で3年ぶりにファンに再会する。ファンは自分の気持ちが抑えられず、ついイェジに口づけしようとするがイェジはそれを拒む。そのあとすぐにイェジは家に戻るが、ファンがアメリカに帰ってからも、彼からのメールや手紙を拒み続けた。そしてその3年後、ついにファンは帰国した。そしてまだ家にいるイェジを追い出そうとした。そんなファンにイェジはなぜ帰ってきたのか問い詰めるが…。
第8話 もっと つらくなるわジンが姿を消して7年、ファンは唯一申請が可能なイェジに死亡手続きをするように言う。しかしイェジはまだ心の準備ができていなかった。そんな時、ファンとつきあっているかのような写真を撮られネットに出回ったのを知ったイェジは、家を出ることにする。ファンは一度は家を出ろと言ったものの、ウワサも出て大変な時に1人になるのはよくないと止めるが、イェジはさらにつらくなると言い…。
第9話 あなたは私を捨てたのよジンが戻ってきた。アメリカでジンを見つけたヨンジャが連れ帰ったのだ。ジンはラリー中に事故に巻き込まれ下半身麻痺となり、車イス姿だった。イェジはジンが生きていたのはうれしかったが、言葉を失う。イェジは愛情を注ごうと努力するが、ジンは自分の姿を受け入れられず、イェジにつらく当たる。イェジはジンが生きていたのに連絡せずアメリカに隠れていたことを知り、ジンが自分のことを捨てたのだと責めるが…。
第10話 ここは俺の家じゃないファンは今まで苦しんできたイェジが幸せになれるよう、脚が不自由になったジンのことも助け、イェジを応援する決心をした。ファンが留学中に一度済州島でイェジと会ったことは、家族には誰にも言っていなかったた。しかしジンはファンとイェジが話すだけでも嫉妬を感じていた。ある日ジンが散歩に出た時、イノからファンとイェジの写真について耳にする。ジンはその写真を見て嫉妬が爆発し、家に自分の居場所はないと思うが…。

1 2 »

ご視聴に関するお問い合わせはこちら

KNTVカスタマー 03-6809-5301

受付時間:平日10時~12時、13時~18時(土日祝/年末年始はお休み)

ページの先頭へ