「Born Again(原題)」のあらすじ

1980年代、女性が殺害される連続殺人事件が発生。継母に虐待される青年ジチョル(チャン・ギヨン)は犯人が自分の父であると知りつつ、父親から「お前も人殺しになる」と脅されていた。そんなジチョルの唯一の心の拠り所は古書店で働くハウン(チン・セヨン)だった。心臓病を抱えたハウンが移植を受けなければ余命わずかであると知ったジチョルは、心臓移植のためにハウンと同じ血液型で、息子を虐待死させた女を殺害してしまう。ハウンの婚約者で刑事のヒョンビン(イ・スヒョク)はジチョルを逮捕。だが、その後自身の血液型もハウンと同じだと知ったジチョルは脱獄し、ハウンのために命を捧げようとする。しかしジチョルは追ってきたヒョンビンを誤って刺してしまい、ショックを受けたハウンは命を落とし、ジチョルも後を追うように自殺する。
時は流れ、2020年。ミイラ化した謎の遺体が発見される。骨考古学者のサビン(チン・セヨン/二役)が事件を担当することになり、サビンは検事のスヒョク(イ・スヒョク/二役)と出会い、不思議な既視感にとらわれる。同じ頃サビンは医学部生のジョンボム(チャン・ギヨン/二役)とも親しくなる。成績優秀、容姿端麗なジョンボムだったが、15歳の頃に殺人を犯したという噂があった。スヒョクはジョンボムの存在に危険を感じサビンを守ろうとするが、3人は前世も絡んだ深い縁で結ばれていて…。

番組紹介へ

各話あらすじ

第1話舞台は1988年と現代の2020年。刑事であるヒョンビンは黄色い傘の連続殺人犯を追っていた。古書店を営んでいる恋人のハウンは心臓病を患っており、移植だけが生きる道だと医師から告げられている。そんなハウンに4年もの間、プロポーズをし続けているヒョンビン。いつも答えはノーであった。ある日、継母に虐待されていたジチョルは、教会で行われている夜学でハウンと出会う。授業の題材である「嵐が丘」の主人公と自分を重ねていた。ハウンに一目ぼれしてしまったジチョルは、心臓病移植を受けないとハウンは生きられないと知る。そこで息子を虐待し死なせた近所の女とハウンが同じ血液型だと知り、その女性を殺害してしまう…
第2話ソンホを虐待していた継母がハウンと同じAB型だと知ったジチョルは、継母が営む美容室へ行き殺害する。その現場を偶然見てしまったハウンは、その場に倒れてしまった。急いでハウンを病院へ運ぶジチョル。そしてハウンの証言をもとに、ヒョンビンはジチョルを逮捕した。しかしどうしてもジチョルが犯人だと信じられないハウンは面会に行くが、そこで殺しを計画していたと聞かされ幻滅し証言台に立つことに。裁判の結果、ジチョルは精神疾患のため監護施設に送られるが、そこで自分もハウンと同じ血液型だと知り脱獄する。そしてハウンとヒョンビンが結婚式を挙げる予定の聖堂へ訪れ、3人が鉢合わせになるが…
第3話医大で法医学を教えるサビンは、展示会に遺骨を届けるはずだったが講義で後回しになっていた。それに気付いた生徒のジョンボムが代わりに届けることに。ジョンボムはサビンが教授を務める医大の学生だ。そんな中、江原道の東江で遺骨が発見された。その遺体は約30年もドラム缶に入れられ水中に放置されていたが、腐敗せずミイラ化していた。遺体は赤い綱で縛られ、「嵐が丘」が抱きかかえていた。骨考古学者でもあるサビンは事件を担当することになった。しかしその遺体は1日で白骨化してしまうという奇妙なことが起こった。そして解剖に興味があるジョンボムは、実習を兼ねてサビンがいる科捜研を訪れるが…
第4話東江のミイラが1日で白骨化したため解剖を頼まれた法医官のサビン。解剖室にはジョンボムを実習のために呼んでいたが、検事のスヒョクが非公開だからと言い追い出す始末であった。この遺骨を殺人犯のピョンの被害者に仕立て上げるためだった。そしてサンアの母ヘミから検事長の息子のことを聞かされ、ジョンボムが過去に殺人を犯したことを知る。そんな中ジョンボムは、配達の常連のファヨンに誘われて飲むことに。しかしファヨンは無残な姿で発見された。目撃者の証言から医大生のジョンボムが浮上する。そしてスヒョクはサビンを乗せて書店を調べに行く途中事故に遭いケガをする。とっさにサビンをかばってのことだった。
第5話サビンをかばったため犠牲になりケガをしたスヒョク。医師も恋人のサンアもなぜそんなマネをしたのか気になって仕方がなかった。仕事に復帰したスヒョクは、ジョンボムが上司である検事長の息子だと知る。そのことを検事長に告げたが闇に葬れと言われる始末だった。そして検事長のソクテはジョンボムを渡米させようとするが、ジョンボムはよそで静かに暮らすと言い家を出た。そんな中スヒョクは、被害者の隣人から奇妙な話を聞かされる。その後、暴力団の親分のテハに会いに行く。有力な後ろ盾のペク会長に見放されたと言うかたわら、ピョンをかばう気かと告げるスヒョク。テハの情報によりピョンの被害者を次々と見つけ出すが…
第6話聖堂で乳児の遺骨を見つけたスヒョクは、ジョンボムを更に疑う。任意同行を求め検察で取り調べを行うが、ジョンボムは殺人容疑を否認。乳児の遺骨を掘り起こし埋めたのは認めたが、イム・ファヨンに頼まれたことだと。そして遺骨の解剖を頼んだサビンに、スヒョクはジョンボムが容疑者だと告げる。ジョンボムは危険な男なので、決して隙を見せてはいけないとサビンに忠告する。一方ジョンボムの家を訪れた弟のジョンウは、毎日飲むジュースに洗剤を入れていた。それを偶然聞いてしまったサビンは、ジョンボムの怒りと悲しさと苦痛を感じられると言う。サビンは初めて自分の闇を受け入れてくれたと思うが…
第7話裁判官を務めるスヒョクの父は、牛乳配達の女性を殺した犯人を人格障害とアルコール依存症だと判断し、懲役4年を求刑した。しかしその犯人が出所後に訪れたのは、法廷で証言した目撃者の家だった。そして目撃者とその孫を殺害したのである。それを知ったスヒョクの父はショックのあまり首をつって自殺した。そんな暗い過去を背負っているスヒョクは、けだものの殺人犯を決して許さなかった。そんな中テハの部下に襲われれたスヒョク。サビンの助けにより命拾いする。そしてサビンに告白されるのだが、婚約者がいると言い突っぱねる。一方ジョンボムは慈善パーティーで弟に挑発され殺そうとする。しかし弟は自ら湖に落ちて溺れてしまう。そんな弟ジョンウをサビンが助けるが…
第8話ジョンボムの弟ジョンウが池に溺れた件で、スヒョクはジョンボムを調べていた。そんな中、ジョンボムがパーティー開始前に現れたという証拠映像をつかむ。そしてサンアの母ヘミから、テハに狙われていると聞かされる。弟のソンハに罪をかぶせ逮捕したのはスヒョクであり、そのせいでソンハが自ら命を絶ったのだった。一方サビンの父ソンウンは、“スヒョクと関わるとサビンとお前は死ぬ”と脅されていた。それをコン・ジチョルの仕業だと確信したソンウンはひどくおびえて、病院から抜け出してしまった。運よくスヒョクが駆けつけて病院に連れてきた。そんな中、またもやスヒョクはテハの部下に狙われる。そんなスヒョクをサビンがかばい…
第9話入院中のサビンはジェイに妙なことを聞かされ、ジョンボムのことを疑い始めていた。そんな中、スヒョクたちは、イムの遺体にUVインクで描かれたタトゥーがあることに気付く。そのインクを手に入れた者を探るため、チュ刑事はタトゥー店を回っていた。そんな時、ある店主から手に入れた情報にサンアの電話番号が書かれており、サンアを訪れたチュ刑事に思いがけないことが起こる。一方サビンのことが好きだと気付いたスヒョクは…
第10話チュ刑事を刺した凶器がポストから見つかった。チュ刑事の携帯を分析したところジョンボムの声と犯人の声が一致。ジョンボムが犯人だと確信したスヒョクは、居場所が分かる時計をサビンに渡す。しかしサビンはスヒョクの言うことを聞かずジョンボムと会っていた。一方ジョンボムは殺人事件の犯人であるサンアをソンイン小学校に呼び出していた。しかし、そこにいたのは気を失っているサビンであった。それを目撃したスヒョクは…

1 2 »

ご視聴に関するお問い合わせはこちら

KNTVカスタマー 03-6809-5301

受付時間:平日10時~12時、13時~18時(土日祝/年末年始はお休み)

ページの先頭へ