「Born Again(原題)」のあらすじ

1980年代、女性が殺害される連続殺人事件が発生。継母に虐待される青年ジチョル(チャン・ギヨン)は犯人が自分の父であると知りつつ、父親から「お前も人殺しになる」と脅されていた。そんなジチョルの唯一の心の拠り所は古書店で働くハウン(チン・セヨン)だった。心臓病を抱えたハウンが移植を受けなければ余命わずかであると知ったジチョルは、心臓移植のためにハウンと同じ血液型で、息子を虐待死させた女を殺害してしまう。ハウンの婚約者で刑事のヒョンビン(イ・スヒョク)はジチョルを逮捕。だが、その後自身の血液型もハウンと同じだと知ったジチョルは脱獄し、ハウンのために命を捧げようとする。しかしジチョルは追ってきたヒョンビンを誤って刺してしまい、ショックを受けたハウンは命を落とし、ジチョルも後を追うように自殺する。
時は流れ、2020年。ミイラ化した謎の遺体が発見される。骨考古学者のサビン(チン・セヨン/二役)が事件を担当することになり、サビンは検事のスヒョク(イ・スヒョク/二役)と出会い、不思議な既視感にとらわれる。同じ頃サビンは医学部生のジョンボム(チャン・ギヨン/二役)とも親しくなる。成績優秀、容姿端麗なジョンボムだったが、15歳の頃に殺人を犯したという噂があった。スヒョクはジョンボムの存在に危険を感じサビンを守ろうとするが、3人は前世も絡んだ深い縁で結ばれていて…。

番組紹介へ

各話あらすじ

第11話スヒョクに頭を打たれたジョンボムを、スヒョクに恨みを持つテハが助けた。この事故でスヒョクは1年の停職処分に。そして1年後、なんと殺人の現場に残されていた黄色い傘には“チョン・サビン”の文字が。サビンが心配になったスヒョクは、サビンに会いに行くが解剖室で倒れてしまう。そして気がついたスヒョクは、チャ・ヒョンビンの記憶を持っていた。一方ジョンボムはソクテの家に戻るが…
第12話ヒョンビンの記憶を取り戻したスヒョクと、ジチョルの記憶を取り戻したジョンボム。そんな中、白骨遺体が発見された。遺骨の解剖に立ち会ったジョンボムは、ジチョルの物だと確信した。そしてジョンボムはヘミに会いに行き、コン・イヌに加担していたことを暴かれたくなければ、コン・イヌを連れてこいと責め立てる。一方、ジョンボムから連絡をもらったスヒョクも、幽魂ギャラリーに駆けつけたが…
第13話ヘミから呼び出され幽魂ギャラリーに現れたイヌ。ジョンボムの中にいるジチョルと再会を果たす。ジチョルは怒りのあまりイヌを殺そうとするが、サビンの言葉を思い出し踏みとどまる。そんな中ジェイは、死刑囚の遺骨の顔を復元に成功した。それがなんとジョンボムにそっくりだったのだ。一方サンアはイヌを訪ねた場所でドゥチョルを殺害する。証拠品をもとに黄色い傘事件の容疑者として、サンアは逮捕されるが…
第14話スヒョクに逮捕されたサンアを救おうとする母親のヘミ。ヘミは手段を選ばず、かつての恋人であるチョン検事長の元へ行き手を回してもらう。その結果、公判でサンアはたやすく有罪にならなかった。そんな中、娘のサンアにサビンを殺してほしいと頼まれたイヌは実行に移す。しかし間一髪のところでジチョルに止められ警察に逮捕された。一方サビンは“古い未来”の店主にハウンのボイスレコーダーを渡され、昔がよみがえるが…
第15話録音機に入っていたハウンの声を聞いたサビンは、その場で倒れてしまう。そしてサビンもハウンの記憶がよみがえったのだ。一方スヒョクはジチョルの継母の家で、イヌの殺害現場の写真を発見した。その写真を使いテレビで呼びかけた結果、余罪を写し出した写真がスヒョクの元に届く。イヌに嫌気が差していたヘミが送った物だった。そんな中サンアの公判でジョンボムが証人になり、殺害現場の写真を証拠品として提出するが…
第16話(最終話)自分を殺したのは父親であるソクテだと気付いたジチョル。そんなソクテへの復讐は、生涯ジチョルを忘れさせないことだった。一方スヒョクは辞表を出したと同時にテハを訪ね、弟の再審を請求しようと言いテハに謝罪する。そんな中ジョンボムの脳にある銃弾のせいで余命1か月と宣告される。サビンはあることがきっかけで倒れてしまった。そのことを聞きつけ、自分の心臓をサビンに渡そうと躍起になるジョンボムだったが…

« 1 2

ご視聴に関するお問い合わせはこちら

KNTVカスタマー 03-6809-5301

受付時間:平日10時~12時、13時~18時(土日祝/年末年始はお休み)

ページの先頭へ