「風と雲と雨」のあらすじ

1853年、江華島。名家に生まれ、わずか15歳にして科挙に首席合格したチョンジュン(子役:カン・テウ/THE MAN BLK)は“江華島の世子”と呼ばれ全ての両班から羨望を集めていた。ある夏の夜、肝試しでチョンジュンは親友のインギュ(子役:チェ・ジョンウ)と共に山奥に入る。そこで2人は母と暮らす少女ボンリョン(子役:ホン・スンヒ)に出会う。ボンリョンは人の未来を見通す神力があったが、母親からはその能力を他人に知られないようきつく言われていた。実はボンリョンは朝鮮第25代王、哲宗の隠し子だった。その後チョンジュンとボンリョンは惹かれあうが、その仲を嫉妬したインギュはボンリョンの母を民乱の主導者だと告発してしまう。母を助けるためボンリョンは自分の能力を使うことに。貞純王后(ていじゅんおうこう)の弟であるキム・ジャグン(チャ・グァンス)はボンリョンの能力に目をつけ彼女を捕らえる。ジャグンの元でボンリョンは表向きは王女ながら裏では奴隷のような生活を強いられることに。一方姿を消したボンリョンを案じつつ、チョンジュンは何もできない自分を悔やんでいた。それから6年後。チョンジュン(パク・シフ)の父の元にキム・ジャグンの養子であるキム・ビョンウン(キム・スンス)が訪ねてくる。ビョンウンはチョンジュンとファリョン王女の婚姻を提案する。ファリョン王女こそがかつてのボンリョン(コ・ソンヒ)だった。こうして運命的に再会した2人。しかし婚礼はビョンウンの策略で、婚礼の宴が開かれた夜、爆発が起き民の騒乱が起きる。騒ぎの中、インギュ(ソンヒョク)はチョンジュンの父を殺害してしまう。一方母親を人質にとられ、脅迫されたボンリョンは爆薬はチョンジュンの父の物だと偽の証言をする。結果、チョンジュンの家は滅門され没落。愛する人に裏切られ、父を失ったチョンジュンは、父の友の道士に導かれ山奥で修業し命明学(四柱推命)を学び始める。一方母を探すボンリョンは権力者への復讐心を募らせていく。3年後、哲宗の病状が悪化する中、チョンジュンは漢陽にやってくる。世継ぎのない王の跡目争いが激化する中、宮廷ではボンリョンの能力を利用して次の王を探す動きが活発になる。ある想いを胸に観相師を始めたチョンジュンは名を馳せるようになり、宮中でボンリョンと二度目の再会を果たす。そんな中チョンジュンは、ならず者と言われている興宣大院君(チョン・グァンリョル)、興宣大院君の息子、そして貧しい少女の3人に将来王になる相を読み取る!

番組紹介へ

各話あらすじ

第11話 謎の刺客ハジョンの用心棒チソンは主君の恨みを晴らすためキム・ビョンウンとチェ・チョンジュンの命を狙う。一方ボンリョンは捜し続けていた少女ジャヨンと再会する。興宣君は王族たちの同意を取り付けて息子のジェファンを次期国王に推薦しようとするも、大妃は哲宗の異母兄の子をハジョンの代わりに王にすると興宣君に突然告げる。そのそばには、以前ボンリョンの首を絞めて殺しかけたソンジンが今や易者となって控えていた。
第12話 伏兵現る大妃はソンジンが連れてきたヨンウン君に亡きハジョンの面影を見つけて歓迎する。それを見ていたチョンジュンと興宣君は違和感を覚えてソンジンとヨンウン君の素性を調べ始める。ヨンウン君を次期国王だと予言したソンジンとジェファンを次期国王だと予言したチョンジュン。哲宗は易者2人の能力を試すため国運を問う。するとソンジンは太平の世が訪れると答えるが、チョンジュンは疫病がはやると予言する。
第13話 救いの地へキム・ビョンウンは疫病患者を城門から追い出そうとし、チョンジュンたちは彼らを救うために奔走するも、3日のうちに患者たちを別の場所に移せと命じられる。そしてパルヨンが運よく賭けで勝ち広い土地を手に入れ、患者たちは居場所を移す。一方ヨンウン君が奴婢の身分であることを知ったビョンウンは役立たずのソンジンを殺害し、代わりにチョンジュンの懐柔をたくらむ。そんな中、興宣君はヨンウン君を始末するためすでに動いていた。
第14話 暴かれた正体興宣君が壮洞キム氏の内部亀裂に着目する一方、自由を求めるボンリョンはキム・ジャグンの屋敷を出ることを決意。ヨンウン君の出自が怪しいとにらんだ彼女は、彼が王族ではなく奴婢であることを暴き、その事実を口外しない条件で屋敷から出ることを許される。だが追ってきたインギュともみ合いになり、銃でケガをさせてチョンジュンと逃げる。疫病患者の収容所に居を構えたボンリョンはチョンジュンと愛情を深め合うのだった。
第15話 新たな確執チョンジュンはキム・ジャグンに政治の表舞台から退くよう勧める。程なくして哲宗が崩御し、大妃はジェファンを国王とすると宣言。興宣大院君となったイ・ハウンは朝廷での発言を許される。一方フランス人神父ベルヌーがチョンジュンの元を訪れ、病人の収容施設にかくまってもらう代わりに西洋の知識を伝授する。だが施設が閉鎖されないのを怪しむ興宣大院君は現地を訪れ、チョンジュンが徐々に自分とは違う道を歩み始めていることに気付く。
第16話 嵐の前兆結婚して幸せな日々を送るチョンジュンとボンリョン。だが興宣大院君は、流浪民の逗留地となった三田渡場を軍に襲わせて彼らを虐殺する。大院君宅からの帰りに殺されかけたチョンジュンはかろうじて逃げ、ボンリョンの忠告に従い豪商イ・ドギュンの元へ駆け込む。だがドギュンはボンリョンを待つチョンジュンを気絶させ、船で共に外国へ逃亡。そして3年後、とある外国船から降り立った宣教師たちの中に、チョンジュンの姿があった。
第17話 王妃選び趙大妃は高宗の王妃選びを急がせるが、大院君は気に入る相手が見つからず苦慮する。一方、3年ぶりに朝鮮に戻ってきたチョンジュンは大院君の監視下に置かれるボンリョンを捜し当てる。しかしボンリョンは薬のせいでチョンジュンのことを覚えていない。チョンジュンは朝鮮を立て直すため、大院君の妻の親族であるジャヨンを高宗の妃にしようと画策。チョンジュンの思惑どおりジャヨンは王妃に選ばれ、盛大な婚令が執り行われる。
第18話 よみがえった記憶興宣大院君は自己主張の激しい王妃ジャヨンを次第に疎ましく思うようになっていた。一方ボンリョンは徐々に過去のことを思い出し、母親のバンダルと幼い息子を取り戻そうとする。だがバンダルはインギュに追われる途中で死に、幼子を奪われてしまう。国中で興宣大院君に対する不満が高まる中、チョンジュンは大妃や朝廷の有力者を味方につけ、ついにこれまでの罪を許され、世を騒がせている怪盗の捕縛を担当する責任者に任命される。

« 1 2

ご視聴に関するお問い合わせはこちら

KNTVカスタマー 03-6809-5301

受付時間:平日10時~12時、13時~18時(土日祝/年末年始はお休み)

ページの先頭へ