「ザ・ゲーム(原題)」のあらすじ

幼い頃から人の目を見ると、その人物の死の瞬間が見える能力を持つテピョン(テギョン/2PM)。ある日刑事のジュニョン(イ・ヨニ)と出会うが、彼女だけは死の瞬間が見えず不思議に思う。そんな中、テピョンは偶然出会った女子高生が今夜0時に殺害される瞬間を見る。事件を防ごうと、テピョンはジュニョンと共に犯人を捜し始めるが、犯人の手口は20年前に起きた連続殺人事件“0時の殺人鬼”と酷似していた。20年前に刑事だった父を“0時の殺人鬼”に殺されたジュニョンはテピョンの能力を信じ、力を合わせて事件を解決しようとする。テピョンとジュニョンは何とか女子高生を助け出すことに成功、初めて死の運命を変えることができ安堵するテピョンだったが、それは真犯人からのメッセージに過ぎなかった。被害者の様子が気になったテピョンは改めて彼女の目を見ると今度は別の死が見えてしまう。一方、ジュニョンは信頼する監察医のドギョン(イム・ジュファン)に科学捜査を依頼することに。事件現場からは20年前の事件の犯人として逮捕され服役中のピルドゥ(キム・ヨンジュン)のDNAが見つかる。服役中であるはずのピルドゥのDNAが見つかり、20年前の事件の真相にも疑問が持ち上がる。実はドギョンとテピョンは幼い頃にある因縁があった。そしてドギョンは20年前に起きた連続殺人事件にも深い関わりがあり…。ドギョンが抱える秘密とは?そしてテピョンがジュニョンの死が見えない理由とは一体?

番組紹介へ

各話あらすじ

第1話 おぞましい連続殺人が再び始まる!目を見るだけで相手の死の瞬間が見えるテピョンは、20年前にある男に出会って以来、謎の悪夢に悩まされている。そんなある日、チョン女史からヤクザの息子がいつ死ぬのか教えてほしいと写真で依頼され、自分がこのヤクザに拉致される未来を見る。予知したとおり拉致され、抗争に巻き込まれて流れ弾に当たったテピョン。銃撃事件の捜査を担当する刑事ジュニョンと出会った彼は、彼女の目を見ても死の瞬間が見えないことを不思議に思うが…。
第2話 僕の予想は一度も変わったことがありませんテピョンはカフェで見かけた女子高生ミジンが死ぬ瞬間を予知して後を追うが、彼女は携帯電話とケーキを残して姿を消す。失踪事件を担当することになったジュニョンは、カフェの監視カメラを確認。その場にいたテピョンがミジンの死を予知したことを察し、彼を問い詰める。ミジンが生き埋めにされて午前0時に死ぬと聞いたジュニョンは、犯行の手口が20年前の連続殺人犯チョ・ピルジュと同じだと気づき、テピョンに捜査協力を求めるが…。
第3話 死が変わるのを見ましたミジンが救出され、自分が見た死の運命が変わるという奇跡を初めて経験したテピョン。その理由がわからず不安になるが、ジュニョンから今後も捜査に協力してほしいと頼まれ、大切な人を失う恐怖に怯えてきた人生を変えようと決意する。ジュニはチョ・ピルドゥ事件の7番目の犠牲者が生還後、入院中に殺されたことを思い出し、ミジンの病室を知られまいと用心する。ジュニョンは、ジュニから犯人は7番目の犠牲者の父親だという推測を聞くが…。
第4話 僕に手伝わせてくださいミジンが病院で殺される様子を予知したテピョンは、幼い頃に児童養護施設で会った男が犯人だと捜査チームに訴えるが、まるで相手にされない。テピョンは死を見る能力を証明するため、殺人事件の被害者たちの写真を見ながら次々と死因を言い当てる。ナム係長はその様子を見て驚くが、テピョンが捜査に協力できるように許可してほしいというジュニョンの要求を拒否する。そんな中、ジュニョンとテピョンはチョ・ピルドゥの面会に向かうが…。
第5話 お前も大切な人を失えばいいテピョンから犯人のモンタージュ写真を渡されたジュニョンは、その顔がドギョンそっくりであることに衝撃を受ける。その後、テピョンとジュニョンはミジンが殺害された病院でドギョンと対面。ジュニョンはドギョンの服の袖をまくり上げて腕の生傷を確認し、ミジン殺害の容疑者として逮捕する。20年ぶりにドギョンが屋上から自殺する場面を再び読み取ったテピョンは、自分のせいでジュニョンが死ぬかもしれないという不安に襲われるが…。
第6話 阻止できますペク先生から、ジュニョンの死を見ることができない理由を聞いたテピョン。自分のせいでジュニョンが死ぬことを知り、彼女を救うためにドギョンを説得しようと考える。ジュニョンはドギョンの自宅を家宅捜索するが、ミジンを殺害した証拠は見つからない。ナム係長は3年前に電話をかけてきた男がドギョンであると直感し、彼がチョ・ピルドゥの息子ヒョヌではないかと疑う。そんな中、ミジンの手の爪からなぜかピルドゥのDNAが発見されて…。
第7話 君の目には俺が怪物に見えるだろう?ジウォンは、娘を殺した犯人だと思い込んでピルドゥを殺害。テピョンはジュニョンを慰め、ドギョンがピルドゥの息子だと知っていたことを明かす。一方、父ピルドゥの遺体を司法解剖することになったドギョンは密かに涙を流す。そんな中、テピョンはドギョンの家に仕掛ける監視カメラを購入するために店を訪れ、自分が老いて死ぬ場面で何度も目にしたネックレスを発見して驚く。テピョンは迷った末にネックレスを購入し、ジュニョンに贈るが…。
第8話 なぜ泣いていたのか…今なら分かる気がするドギョンの家に忍び込んだテピョンは、地下室に連続殺人事件の真犯人キム・ヒョンスが監禁されていることを知る。そのときドギョンが帰宅。テピョンは慌てて家から脱出するが、ジュニョンがドギョンの家に入る様子を見て不安に駆られ、盗聴器で様子を伺う。ジュニョンはテピョンが独断でドギョンを監視していたことを知って激怒。盗撮データをすべて提出するようテピョンに告げ、ドギョンの家に踏み込んでヒョンスを救出しようとするが…。
第9話 結局、お前の選択にかかっている海辺でジュニョンと幸せな時間を過ごしていたテピョンは、イ秘書からの電話でペク先生の死を知って大きなショックを受ける。遺書が発見されるも死因が自殺とは信じられず、真相を突き止めようとするテピョン。ジュニョンもまた検死結果を待つが、ドギョンが解剖を担当すると知って驚く。ドギョンは児童養護施設に入った自分を支援していたのはペク先生だったとテピョンに聞かされ、取り返しのつかないことをしてしまったと後悔するが…。
第10話 お前の望みどおりには決してならないペク先生を殺したドギョンを捕らえるため、アドバイザーとして捜査班に加わったテピョン。署内でジュニの写真や捜査員の顔を見たテピョンは、ドギョンが仕掛けた爆弾によってジュニョン以外の全員が命を落とす未来を目にする。ナム係長はピルドゥの冤罪を認め、捜査班はドギョンがミジン殺害の容疑者として逮捕された事実をマスコミに流してドギョンを追い詰める。そんな中、テピョンは父親の墓参りに向かったジュニョンに会いに行き…。

1 2 »

「ザ・ゲーム(原題)」がお好きな方にオススメの番組

ご視聴に関するお問い合わせはこちら

KNTVカスタマー 03-6809-5301

受付時間:平日10時~12時、13時~18時(土日祝/年末年始はお休み)

ページの先頭へ