「優雅な一族」のあらすじ

大財閥MCグループの孫娘ソッキは家政婦に母を殺される。グループのトラブルを解決するTOPチームのジェグク(ぺ・ジョンオク)から言い含められ、ソッキは一人海外で生活することに。時は経ち15年後、成長したソッキ(イム・スヒャン)の元に祖父のワンピョ(チョン・グクファン)が危篤に陥ったという謎のメールが送られてくる。実はワンピョは後継者にソッキを指名した直後、交通事故に遭ったのだった。急ぎ韓国に帰国したソッキは、ひょんなことから弁護士のユンド(イ・ジャンウ)と出会う。母親殺しの真犯人は別にいると考えていたソッキは、メールを送ってきた人物を探すためユンドに遂行弁護士になるよう持ち掛ける。高慢なソッキに初めは反感を抱くユンドだったが、危なっかしい彼女が心配になり傍で見守ることに。そしてもう一つ、ユンドが弁護を引き受ける理由があった。実はユンドの実の母はソッキの母親殺しの濡れ衣を着せられ15年間服役中だった。真犯人がMCグループ内にいるのではと疑うユンドは、母の冤罪を晴らすため、忠誠を誓うふりをしてTOPチームに入ることに。こうしてMCグループに戻ったソッキとTOPチームの一員となったユンドだが、ソッキの父や義理の兄弟、そしてジェグクらが2人の前に立ちはだかる。果たしてソッキの母を殺した真犯人とは!?

番組紹介へ

各話あらすじ

第1話 15年ぶりの帰国韓国有数の財閥MCグループのトップ、モ・チョリ会長の一人娘、モ・ソッキ。ソッキは、祖父であり、MCグループの名誉会長であるモ・ワンピョが危篤だと知り、15年ぶりにアメリカから帰国する。ソッキが帰国したという知らせを聞いたハン・ジェグク率いる危機管理チームTOPは、ソッキに韓国の土を踏ませまいと仁川空港で待ち伏せするが、既にソッキは金浦空港に降り立ち、祖父の入院する病院へ向かっているところだった。
第2話 10億ウォンの使い道屋上でMCグループに抗議していた男性が警備員にとらえられ、護送用のバンに乗せられようとしていたその時、ソッキは社用車に乗り込み、バンに追突する。ソッキは「飲酒運転をしたうえ、逃亡しようとした」と主張し、10億ウォンを賠償金として請求するように男性に話す。一方、うだつの上がらない弁護士ホ・ユンドは精鋭中の精鋭が集まるMCグループの危機管理チームTOPに見習いとして採用される。
第3話 塀の中の財閥令嬢大麻所持の容疑で検察に連行されるソッキ。ソッキが見合いの席で特捜部検事であるチュ・テヒョンを小バカにしたことが発端で仕組まれた事件だった。TOPも一度はソッキを釈放させるようチュ・テヒョン検事に働きかけるが、検察によるMCグループへの摘発を回避するためソッキが人質としてチュ・テヒョン検事に差し出され、拘置所送りに。その頃、ユンドはソッキの潔白を証明するために孤立無援の中、調査に乗り出す。
第4話 真の権力者ユンドのおかげで大麻所持の容疑が晴れ、拘置所から釈放されたソッキはその足でワンピョが入院中の病院へ向かい、ユン弁護士と話し合う。ソッキがMCグループの筆頭株主になるためには多額の現金が必要であり、そのためには“ミルク魔女”と呼ばれる伝説の資本家を説得する必要があるというのだ。一方、ユンドはTOPに呼び出されるが指示に背き、ソッキを釈放するように動いたことでジェグクから解雇を言い渡され…。
第5話 殺人犯の息子名誉会長夫人の30周忌に突如車椅子に乗って姿を現したワンピョ。ワンピョはモ一族のみならず、会社の首脳陣やTOPのメンバーが一堂に会した席でソッキをMC流通の代表理事に就任させ、株式を譲渡することを宣言する。また、ユンドはソッキから“イム・スン”という受刑者がどこの刑務所に収監されているか調べるように指示される。その名を聞き、動揺するユンド。イム・スンはユンドの実母だった。
第6話 祖父との別れMC流通の株主総会当日の朝、代表理事に選任予定だったソッキは自宅近くの検問所でアルコールが検知され、飲酒運転で警察署に連行される。署に駆けつけたユンドに、ソッキは自動醸造症候群という腸内でアルコールを生成してしまう珍しい病気を患っており、米国で治療を受けていたことを打ち明ける。その頃、ソッキの代表理事就任が絶望的になったという知らせを聞いたワンピョはショックのあまりに倒れてしまう。
第7話 正式採用ワンピョが亡くなり、ソッキは相続した財産も経営権も、ジェグクらによって奪われてしまう。一方ユンドも、ソッキの専属から外され、正式にTOPの一員になる。意気消沈するソッキだったが、15年前の殺人事件の真相を協力して解明しようと誘うユンド。その頃、モ会長は次男のモ・ワンジュン常務に会社を継がせようとしていた。ジェグクは、財産を集めてワンジュンの地位を固めるために、モ家の人々に遺留分放棄をさせようと動きだす。
第8話 あなたは何者?ユンドの身辺調査をしたジェグクに何者なのか問い詰められたユンドは、養子になる以前の記憶がないと話し、何とかその場を切り抜ける。同じ頃、“ニュースパッチ”の記者キム・ブギと部下のオ・グァンミは、ソッキとユンドの行動を探っていた。グァンミは、15年前の同級生とユンドが似ていることが気になる。一方ジェグクは、モ会長の愛人チェ・ナリを社会的に抹殺しようと、女優である彼女には致命的な秘密をブギにリークする。
第9話 3人目の母ナリがモ家に現れる。女優として全てを奪われ行くところがないナリを、近くに置いて管理しておいたほうがいい、とジェグクに言われ、チョリもひとまず住まわせることに。ブギを巻き込み、ナリの架空の自伝出版を画策してジェグクを刺激したのはソッキだった。ナリと生活を共にさせることで、会長夫人のハ・ヨンソに揺さぶりをかけるためだった。一方TOPは、ワンジュンとの離婚を優位にするため、彼の妻ペク・スジンへの罠を仕掛けていた。
第10話 和解申請ナリの過去の生活を、ユンドが暴いたと思ったソッキ。それをきっかけに、母親を救いたいユンドと真犯人を捕まえたいソッキとで口論になる。しかし、ジェグクとの会話で、ユンドの真意が分かったソッキは、和解しようと一つ一つ選んだ品をユンドに送る。反応がなくソワソワするソッキの元に荷物が届く。それは、ユンドからの楽しいサプライズだった。一方、ナリと息子のソジンは、ヨンソの指示で、ラオスで生活することになる。

1 2 »

ご視聴に関するお問い合わせはこちら

KNTVカスタマー 03-6809-5301

受付時間:平日10時~12時、13時~18時(土日祝/年末年始はお休み)

ページの先頭へ