「優雅な一族」のあらすじ

大財閥MCグループの孫娘ソッキは家政婦に母を殺される。グループのトラブルを解決するTOPチームのジェグク(ぺ・ジョンオク)から言い含められ、ソッキは一人海外で生活することに。時は経ち15年後、成長したソッキ(イム・スヒャン)の元に祖父のワンピョ(チョン・グクファン)が危篤に陥ったという謎のメールが送られてくる。実はワンピョは後継者にソッキを指名した直後、交通事故に遭ったのだった。急ぎ韓国に帰国したソッキは、ひょんなことから弁護士のユンド(イ・ジャンウ)と出会う。母親殺しの真犯人は別にいると考えていたソッキは、メールを送ってきた人物を探すためユンドに遂行弁護士になるよう持ち掛ける。高慢なソッキに初めは反感を抱くユンドだったが、危なっかしい彼女が心配になり傍で見守ることに。そしてもう一つ、ユンドが弁護を引き受ける理由があった。実はユンドの実の母はソッキの母親殺しの濡れ衣を着せられ15年間服役中だった。真犯人がMCグループ内にいるのではと疑うユンドは、母の冤罪を晴らすため、忠誠を誓うふりをしてTOPチームに入ることに。こうしてMCグループに戻ったソッキとTOPチームの一員となったユンドだが、ソッキの父や義理の兄弟、そしてジェグクらが2人の前に立ちはだかる。果たしてソッキの母を殺した真犯人とは!?

番組紹介へ

各話あらすじ

第11話 1人の人間の歴史ジェグクは、ワンジュンのある重大な秘密を握る。だが、変わらずワンジュンを後継者として推していく構えを見せる。一方、ブギが、15年間大事に保管していたアン・ジェリム殺人事件の重要な証拠をユンドらに提供する。しかし捜査記録がないため、事件の担当判事だったイ・ドンジュン判事を皆で協力して探すことになる。母を救うために大きく一歩踏み出したことを実感するユンド。一方、ワンジュンの秘密をソッキもつかんでいた。
第12話 思わぬ訪問者ワンピョの側近でソッキの味方だったチョン・ユンジャ執事がユンドの家に現れる。ワンピョ亡きあとジェグクにモ家を追われ、行動を監視されているチョン執事だったが、ソッキのために、アン・ジェリム殺人事件の捜査記録を持ってきたのだった。一方ジェグクは、会長の意に反してワンジュンの地位を守ろうとする。そこでジェグクは、ワンジュンの秘密を逆手にとった、ユンドのアイデアによる奇抜な方法でMCグループのイメージアップを図る。
第13話 甘い誘惑ジェグクの差し金により、ユンドは横領の罪で逮捕される。そしてジェグクはソッキに、15年前の事件の再審請求を止めるよう警告する。さらにユンドの父ホ・ジャンスの所に現れたジェグクは、ユンドを説得して再審を諦めさせろと脅迫する。ジャンスはジェグクの要求を気丈に突っぱねたのだが、息子が心配のあまり一人でむせび泣くのだった。一方ユンドは面会に来たソッキに、自分を逮捕したチュ検事正を味方につけるように言う。

« 1 2

ご視聴に関するお問い合わせはこちら

KNTVカスタマー 03-6809-5301

受付時間:平日10時~12時、13時~18時(土日祝/年末年始はお休み)

ページの先頭へ