「ミッシングナイン」のあらすじ

かつては売れっ子だったアイドルグループ、ドリーマーズ。リーダーだったジュノ(チョン・ギョンホ)は現在も活動を続けるものの、以前の人気は影を落としていた。一方、他のメンバーはそれぞれ、俳優やソロアーティストとして成功をおさめていた。ある日、ジュノの所属する芸能事務所の芸能人が全員、海外公演に行くことに。ボンヒ(ぺク・ジニ)はジュノの新人スタイリストとして海外公演に同行することになる。飛行機内で元ドリーマーズメンバー同士の気まずい空気を感じていた時、なんと飛行機が堕落してしまう!こうして飛行機に搭乗していた9人は無人島でサバイバルを繰り広げることになる。だが、4ヶ月後…生還したのはたった一人だった。無人島で一体何が起きたのか!?

番組紹介へ

各話あらすじ

第1話 墜落元ドリーマーズのリーダーでトップスターだったソ・ジュノ。彼のスタイリストになったラ・ボンヒは、初めての職場にも関わらず初日から彼に目を付けられ危機を迎える事に。一方、レジェンドエンターのツアーコンサートのため飛行機に乗ったレジェンドエンターの芸能人たち。機内では彼らの裏の顔が垣間見える中、元ドリーマーズのメンバーであるチェ・テホがジュノにいちゃもんをつけ始める。嵐が吹き荒れ飛行機がひどく揺れるが…
第2話 無くした記憶飛行機が墜落し、無人島に漂着したジュノとボンヒ。つらい無人島生存記が繰り広げられる。一方、無人島での唯一の生存者であるボンヒは短期記憶障害に陥り、無人島での記憶が飛んでしまうのだが特別捜査委員会の追及が始まる。1人では何もできないジュノと、海女生活を通して生きる知恵を身に着けたボンヒは、どう生き延びるのか。元ドリーマーズのメンバーであるイ・ヨルと女優ハ・ジアも生き残っていて、遭遇するのだが…。
第3話 生存者たち脳には異常なしと診断されたボンヒ。医者は覚えていないふりをしているのではないかと疑う。ユン・ソヒの死の真相を明らかにしようとする兄ユン・テヨンは、ボンヒへと接触する。血が止まらないジアのために薬草を探しに出たジュノ、ボンヒ、ヨル。そこで生きていたレジェンドエンタの社長のファン・ジェグク、秘書のテ・ホハン、テホ、室長のチョン・ギジュンと遭遇する。そんな中、ジュノは地雷を踏んでしまうのだが…。
第4話 私が殺しました海辺から離れ、森の中へ入ることを提案するジュノに、反対するテホ。多数決で森の中へ入ることに決める。催眠療法で記憶を取り戻そうとするボンヒだが、ネックレスを見つけたことを思い出す。ネックレスの持ち主は誰なのか。森では、誰かが住んでいたような小屋を見つけ、喜ぶメンバーたち。海岸ではキャリーバッグも見つけ、衣服とわずかな食糧を確保する。しかし食糧が盗まれ、その犯人を捜している中、テホが副機長と遭遇するのだが…。
第5話 裏切り副機長から4人乗りの救命ボートがあることを知らされたテホ。ボートに乗る残りの2人を選ぶ。一方、ソヒの兄である検事のユン・テヨンが動き始める。救命ボートに乗せる残りの2人を決め、脱出を試みるも、あえなく失敗。海へと落ちた人々を助けている中で、ボンヒとソヒは向かいにある島へと流れ着く。そしてジュノは行方不明になってしまう。ヨルは、テホに見つからないようにボートの穴を直そうとするも、テホに見つかってしまい…。
第6話 殺したのは誰かようやくボンヒの記憶が戻る。そしてレジェンドエンタの社長である、ファン・ジェグクの生存確認が取れる。行方不明だったジュノが見つかり、向かいにある島へと流れ着いたボンヒとソヒも救出されるのだが、テホとヨルの姿が見当たらない。ジアは、ギジュンと自分を縛ったテホが犯人だと言い張るのだが、テホとヨルはどこへ行ったのか。一方、記憶が戻ってきたボンヒは、ソヒを殺した犯人がテホであることを話すのだが…。
第7話 生存者の証言大きな落とし穴を見つけたボンヒとジュノ。豚が落ちるのを待つが、穴に落ちたのは飛行機に乗っていた記者のキム・ギファンだった。ギファンのことを嫌っていたテホが、ついに牙をむく。そしてテ・ホハンの目撃証言により、テホがソヒを殺したことが明らかになる。一方、ソヒ殺人事件についての会見を開き、ボンヒが証言するはずだった場所で、テホが思わぬ証言をする。検事のユン・テヨンも駆けつけ会見は進むのだが…。
第8話 お前を生かす理由記者会見でジュノが犯人だと嘘の証言をしたテホ。ギファンを半殺しにしたテホは、無人島でメンバーたちの信頼を完全に失ってしまった。そんな中、テ・ホハンが新たな生存者として韓国に帰国するのだが、精神的に不安定な状態であった。テホが殺人犯だと証言しようとするも、テホとチャン・ドパルに拉致されて以降、おかしなことを言い始める。一方無人島では、ジュノとテホが争うこととなり、テホが崖から落ちてしまうのだが…。
第9話 無人島からの脱出ジュノが殺人犯だと嘘の証言をしたテ・ホハン。ボンヒが何を言っても特捜は聞いてくれない。一方無人島では無線機が繋がり船が救助しに来るのだが、バラバラで行動しているメンバーたちは、このことを知らない。船が来たことを知らせようと島に戻るのだが、死んだと思っていたテホが現れジアを人質に取りギジュンと殴り合いになる。どうにかして船に乗り込んだメンバーたちは、家に帰れるという希望の光を持ち楽しく会話をするが…。
第10話 希望の電話ギジュンとジアがいる中国の病院に向かったボンヒと検事のユン・テヨン。嘘の証言を裏返すべく、ボンヒに協力しようとする。しかし病院内では怪しい男たちがギジュンとジアを捜し始める。そんな中、特捜の最終発表が行われた。会見ではボンヒ以外の生存者の証言が一致し、レジェンドエンタ専用機墜落事故に関する調査を終わらせると発表。肩を落としたボンヒに1本の電話が。その電話越しに聞こえるのは、ずっと会いたかったジュノの声で…。

1 2 »

ご視聴に関するお問い合わせはこちら

KNTVカスタマー 03-6809-5301

受付時間:平日10時~12時、13時~18時(土日祝/年末年始はお休み)

ページの先頭へ