「ミッシングナイン」のあらすじ

かつては売れっ子だったアイドルグループ、ドリーマーズ。リーダーだったジュノ(チョン・ギョンホ)は現在も活動を続けるものの、以前の人気は影を落としていた。一方、他のメンバーはそれぞれ、俳優やソロアーティストとして成功をおさめていた。ある日、ジュノの所属する芸能事務所の芸能人が全員、海外公演に行くことに。ボンヒ(ぺク・ジニ)はジュノの新人スタイリストとして海外公演に同行することになる。飛行機内で元ドリーマーズメンバー同士の気まずい空気を感じていた時、なんと飛行機が堕落してしまう!こうして飛行機に搭乗していた9人は無人島でサバイバルを繰り広げることになる。だが、4ヶ月後…生還したのはたった一人だった。無人島で一体何が起きたのか!?

番組紹介へ

各話あらすじ

第11話 再会ついにジュノに会うことができたボンヒ。ジュノは自分を助けてくれたというおじいさんの家で、韓国の現状を全て把握していた。普通のルートでは韓国に帰国できないジュノは、密入国を試みる。一方、レジェンドエンタでは、ソヒが出演するはずだった映画に、テホがジアを推薦する。しかし、ジアは断固として断る。特捜が解散した中、無人島での遺留品が見つかったという事実を知ったユン検事、チャン・ドパル、オ調査官だったが…。
第12話 遺留品無人島で見つかった遺留品の中にソヒの携帯があるという事実を知ったユン・テヨン、チャン・ドパル、チョ・ヒギョン。特捜が解散し、選挙運動に熱を上げるチョ・ヒギョンだが、遺留品のせいで集中できない。一方チャン・ドパルとテホの会話の内容を知るため、ビョンジュをスパイとして潜入させることにしたジュノとボンヒ。そんな中、ソヒの携帯をめぐりチョ・ヒギョンの休憩場所であるホテル内でスリル満点の戦いが繰り広げられる。
第13話 何で帰ってきたんだソヒの携帯を誰が手にするかをめぐり、チョ・ヒギョン、チャン・ドパル、テホ、ジュノたちが争奪戦を繰り広げる。この携帯をめぐる争いの中で、チャン・ドパルとテホの間には、少しずつ亀裂が入り始める。ソヒの携帯の中にはジェヒョンの事故に関する真相が入っているのだが、その真相を知ることとなったテホは、1人呆然と涙を流した。ついにチョ・ヒギョンの前に姿を現したジュノの手には、ソヒの携帯が握られており…。
第14話 公表してくださいチャン・ドパルの手の届かない所に、レジェンドエンタの元社長であるファン・ジェグクを移動させようと病院を移った矢先、ついにジェグクが目を開けた。喜ぶレジェンドエンタのメンバーだが、喜んだのもつかの間、病院を探し出したチャン・ドパルが手下を送ってきた。ジェヒョンの事故の件で、チャン・ドパルとテホが共犯だという真実を明かす記者会見を開こうと準備するも、テホは黙っていなかった。記者会見の時間が迫り…。
第15話 ボンヒの逮捕令状記者会見も無事に終わり、あとはジュノの濡れ衣を晴らすために生存者が真実を陳述し直すだけだった。ついにテホも逮捕されるが、チャン・ドパルに自分の罪をかぶってもらい、彼の頼みを聞くという約束を交わし釈放される。陳述さえし直せば全てが終わると思っていたが、思い通りにいかず意気消沈するボンヒたち。そんな中、ボンヒがジュノの共犯だという記事が出回り、ボンヒは逮捕されてしまう。これを受けてジュノは…。
第16話(最終話) ラストチャンスボンヒの代わりに自分の足で検察に出向いたジュノ。自白する代わりにチャン・ドパルと会わせてもらい、テホと仲違いさせるために何かを告げる。そしてソヒ殺人事件についての公判が行われることになった。チョ検事が弁護士となりジュノを助けるのだが、テホとイ検事との攻防が本格化する。一次公判が終わり、二次公判が待っていた。チャン・ドパルがジュノ側につき、証言することが決まったのだが…。彼らの運命はいかに。

« 1 2

ご視聴に関するお問い合わせはこちら

KNTVカスタマー 03-6809-5301

受付時間:平日10時~12時、13時~18時(土日祝/年末年始はお休み)

ページの先頭へ