「ニューハート」のあらすじ

三流大学出身の落ちこぼれ新人医師ウンソン(チソン)と成績優秀のへソク(キム・ミンジョン)は、同じ胸部外科のチェ・ガングク教授(チョ・ジェヒョン)のチーム。

医療事故も多く困難をきたす胸部外科で、懸命に医療に専念するウンソンとヘソク。そしてガングクもまた陰謀を企む医院長からの圧力に抵抗していた。

そんなある日、へソクの幼い頃の友人で今は俳優をしているドングォン(イ・ジフン)がドラマ撮影中に倒れ、クォンヒ大学の胸部外科に入院してくる。へソクに再会したドングォンは、へソクに好意を抱く・・・。

番組紹介へ

各話あらすじ

第21話パク院長は、ガングクの後継者として胸部外科科長に推薦されたスンジェを地方の病院へ左遷し、辞表を出した胸部外科のレジデントたちの辞職を正式に発表する。そんな院長の強引なやり方に病院内には不信感が高まり、院長解任の声まで上がっていた。アメリカの家族のもとへ行くことを決意していたガングクは、教授会でパク院長解任の撤回を求めることで、レジデントたちの辞職を取り消そうと奔走する。
一方、ウンソンはヘソクをかばってケガをした右手のリハビリに励むも、神経が回復せず不安と苛立ちを募らせる。そんな彼の姿に、ヘソクとガングクも心を痛めていた。そんななか、好意を寄せるミミと食事をしていたペ・デロは、偶然会った同級生から「援助交際だ」とからかわれるが、この後、彼の片思いは思わぬ急展開を見せる。そして、クァンヒ大学病院でのガングクの最後の手術の日。レジデントたちが彼の手さばきを目に焼き付けようとするなか、ウンソンは複雑な表情を浮かべる。送別会で外科医たちに感謝の気持ちを述べ、別れを告げたガングク。しかし、ガングクが病院を去ることに納得のいかないウンソンは彼の自宅へと向かい、思いのたけをぶちまけながら自作のテディベアを手渡す。
第22話突然、職務停止処分を言い渡されたショックから、心筋梗塞で倒れてしまったパク院長。テジュンの手術でなんとか一命を取り留めたものの、なおも危険な状態が続く彼を救うには、心臓移植しか残されていなかった。そこで、パク院長の移植手術ができるのはガングクしかいないと判断したウンソンらは、すでにアメリカ行きの飛行機で飛び立ったガングクを病院へ呼び戻そうとする。
そんななか、奇跡的にパク院長のドナーが見つかり、医師たちは慌てて移植手術の準備を開始。やっとのことでガングクの乗っている飛行機に電話をつないでもらえたウンソンは、ガングクに院長の病状を説明し、アメリカに着いてすぐ韓国に引き返せば心臓移植手術に間に合うことを告げる。そしてヘソクも、涙ながらに「父を助けてください」と訴えるのだが…。
その頃、不倫相手テジュンの子供を授かったミナは、地方の産婦人科で超音波検査を受けるが、卵巣の異常が発見される。一方、ウンソンは、父親の緊急事態に気が動転するヘソクを励ましながら、彼女と共にドナーの心臓を受け取るべくプサンの病院へと向かう。しかし、他病院の手術遅延のせいで心臓摘出時間が遅れるハメになり…。
第23話右手の神経の回復を願ってリハビリを続けるウンソン。しかし、助手として入っていたテジュンの手術で右手が思うように動かず、手術室から追い出されてしまう。卵巣ガンが発見されたミナは、テジュンとの不倫関係がバレては彼の立場がなくなると思い、クァンヒ大学病院ではなく、地方で産婦人科医をする友人に手術を頼むのだった。
そんななか、アメリカからすぐに引き返してきたガングクの心臓移植手術によって命を救われたパク院長に、急性拒絶反応が現れる。うろたえるヘソクだが、韓国一のクァンヒ大学病院が必ず父を助けてくれると信じるしかない。ミナが子宮摘出手術を受ける頃、テジュンの妻が虫垂炎で入院する。ところが、妻の手術室へ向かおうとするテジュンに、ミナの担当医から彼女の命が危ないとの連絡が入る。手術中にトラブルが発生したため、今すぐ病院に来て助けてほしいというのだ。
その時、初めてミナの病気を知りパニックになるテジュン。彼の様子を心配したガングクは、ウンソンを連れてミナのいる病院に行くよう促すが…。一方、ヘソクは、瀕死の状態になってもまだ新設予定の心臓血管センターへの野望を燃やすパク院長に、院長解任の事実を伝える…。

« 1 2 3

ご視聴に関するお問い合わせはこちら

KNTVカスタマー 03-6809-5301

受付時間:平日11時~13時、14時~17時(土日祝/年末年始はお休み)

ページの先頭へ