「ドクター異邦人」のあらすじ

1994年6月、クリントン政権は北朝鮮の寧辺に位置する核施設への爆撃を計画。
心臓病を患っていた金日成の死亡後、直ちに爆撃を開始するとし、まさに第2の朝鮮戦争が勃発する寸前であった。そんな中、ミョンウ大学病院の心臓外科医であったパク・チョルが平壌へ向かい金日成の治療を成功させ、戦争の危機は去ることになる。当時、北朝鮮からの要請で父と共に北朝鮮に連れられた幼少のパク・フンは、そこで父であるパク・チョルの手によって医師として育てられ、ソン・ジェヒと恋に落ちるが、彼女の家族全員が粛清されてしまうことで、これまでに味わったことの無い別れの辛さを味わうことになる。5年後、指導層の健康管理を担当する医療研究所にて、政治犯収容所の生体実験の犠牲になり運ばれて来たソン・ジェヒと偶然に再会したパク・フンは、2人で脱北する計画を立てる。しかし、思いもかけずパク・フンは韓国大統領キム・テスルの命による政治的な理由からソン・ジェヒを失ってしまい、1人きりで韓国に戻ることになる。
韓国に戻ったパク・フンは脱北ブローカーから死んだと思っていたソン・ジェヒが生きており、助け出すために実に5億ウォンが必要であると聞かされる。
そんな中、韓国の大統領府は大統領の側近である秘書室長チャン・ソクジュの心臓病手術を担当するチームを探していた。しかし、心臓病を患っていたのは実は大統領自身であった。その事実を隠す理由は、大統領の健康状態が国家機密であるばかりか、いつ最悪の事態が起こるかわからないと知られれば 、大統領選挙の資金繰りに悪影響を及ぼすなど、チャン・ソクジュにとっては悪材料でしかないためだ。そこでチャン・ソクジュは自分が心臓病であると見せかけ、国内最高の手術チームを探すことにする。しかし、この事実を見抜いたミョンウ大学病院の心臓外科部長ムン・ヒョンウクは、あえて記者を呼び、まるで見せ物のように心臓病の治療を進めてる。そこには、自らが大統領側近のチャン・ソクジュではなく、大統領を執刀するに値する医師であることを世間に知らしめる目的があった。これにより退任を控えた病院長の座に着くことができると考えたムン・ヒョンウク。そこでムン・ヒョンウクはパク・フンにある手術を成功させれば5億ウォンを支払うと提案する。こうしてパク・フンは、 致命的な心臓病を患っている大統領の手術で成功を収め、失った外科部長の座に取り戻し、はては病院長の座まで這い上がろうと目論むムン・ヒョンウクと手を組むことに。
こうして大学病院で仕事を始めることになったパク・フンだが、人をバカにしたかのような口振りや、決めたら話も聞かず行動に移してしまうというワンマンな性格が災いし、病院内ではなかなかうまく行かない。ただでさえ「病院に所属しない人間(ストレンジャー)」のような存在 であるパク・フンである、大学病院に所属する医師達の間では対立は避けられない。トラブルの耐えないパク・フンの大学病院での生活、そんな中彼の前に思いがけない人物が現れる。それはパク・フンのかつての恋人ソン・ジェヒとそっくりなハン・スンヒという女医であった…。

番組紹介へ

各話あらすじ

第1話



韓国の心臓外科医パク・チョルは、金日成の手術をするため北朝鮮へ飛んだ。


失敗すれば韓国との全面戦争に発展する可能性があったが、手術は成功する。


だが帰国は許されず、幼い息子フンと共に北朝鮮人民として生きることになった。


医大生となったフンは、幼なじみのジェヒと恋に落ちる。


だがジェヒは政治犯収容所へ送られ、フンは強制的に医療研究機関の研究員となった。


そこへ重病患者として運ばれてきたジェヒを、フンは手術で救う。




第2話



フンを国外逃亡させようとした父は銃殺される。


ハンガリーに派遣されたフンは、ジェヒと2人で韓国大使館に逃げ込もうとするが、政治家チャン・ソクジュに妨害される。


橋の上で北朝鮮側の追手に撃たれたジェヒは川に転落してしまう。


フンは韓国へ渡り開業医となるが、ジェヒを捜すため北朝鮮への密入国を試みては捕まることを繰り返し、すでに3回も服役していた。



第3話



ミョンウ大学病院に寄ったフンは緊急事態に巻き込まれ、やむを得ず無許可で中年男性の手術をする。


彼の技量に驚いたムン教授は、ライバルの若手医師ハン・ジェジュンに対抗するためフンをスカウトすることに決める。


フンは病院内でジェヒにそっくりの女性を見かけて追いかけるが、見失ってしまった。



第4話



フンが自ら脱北者と明かしたため、ミョンウ大学病院への就職話は消えかけるが、総理サイドから密かに圧力がかかり採用が決まる。


同じ頃、病院理事長の娘、スヒョンの実母が末期ガンで入院してきた。


なぜかその患者は、幼い頃にフンがジェヒにあげたブレスレットをしていた。


フンは理事長の反対を押し切って手術に挑むが、患者は死んでしまう。



第5話



理事長に逆らったフンはミョンウ大病院を解雇された。


チャンイの母親がジェヒの死を証言するが、脱北ブローカーのリムからジェヒの目撃情報が入る。


だがリムはフンの目の前で事故に遭い、一命は取り留めたものの病院から消えてしまう。


ジェヒにそっくりの女性は分院の医師ハン・スンヒだと判明したため、フンはスヒョンと2人で会いに行った。




第6話



フンから「ジェヒ」と呼びかけられたハン・スンヒは、人違いだと主張する。


チャン総理の働きかけにより、理事長はフンの復職を認めた。


本院に異動したスンヒは麻酔薬を使ってチャンイの母親の意識を不安定な状態にすることで、総理の要望に応えた。


スンヒがスパイではないかと疑うムン教授は、彼女の医療記録を勝手に見るが、CT画像に腎臓が2つ写っていたためジェヒではないと結論づける。



第7話



緊急入院した妊婦を手術したフン。生まれた双子には心臓の奇形があった。


フンは治療費が払えず病院を追われそうになった親子を救うため、費用を病院が持つことを条件に、理事長が計画したジェジュンとの手術バトルに応じる。


勝ったほうが、ミョンウ病院を代表して総理の執刀チーム候補となれるのだ。



第8話



ミョンウ病院でフンに殴られたチャン総理は、自分の執刀医候補をフンからハン科長に変更する。


麻酔医スンヒにも科長チームに入るよう命じたが、彼女は当初の計画どおりフンのチームに入ろうとした。


呼び出されたスンヒは、総理の手下から銃口を向けられる。


それを目撃したチャンイは、フンに電話で状況を知らせた。






第9話



スンヒに会ったチャン総理は、フンにチャンスを与えることにする。


だがハン科長との手術バトルは、第一助手スヒョンのミスにより負けてしまった。


用なしとなったフンはジンスに撃たれそうになるが、スンヒに助けられる。


その後、科長側の手術のミスが判明し、一転、フンの勝利となる。


フンが自宅に戻ると、スンヒの仮面を脱いだジェヒが待っていた。



第10話



フンはジェヒを連れて国外逃亡を図るが、ジンスに捕らえられる。


ジェヒを人質に取られたフンは、ジンスに服従を誓った。


チャン総理は、ハン科長がミョンウ大病院に恨みを持ち、改名して就職していたことを知る。


自らの執刀医候補バトルは、すでにフンが勝利したが、ハン科長とさらに競わせることにした。






1 2 »

ご視聴に関するお問い合わせはこちら

KNTVカスタマー 03-6809-5301

受付時間:平日11時~13時、14時~17時(土日祝/年末年始はお休み)

ページの先頭へ