「グッド・ドクター」のあらすじ

各話あらすじ

第1話



サヴァン症候群で天才的暗記力と空間認識能力を持つパク・シオンは恩師のウソクを頼りに上京する途中、駅でケガをした少年に遭遇、応急処置を行い病院まで付きそうことに。


その頃、ソンウォン大学病院の院長ウソクは、優秀にもかかわらず自閉症という理由で国家試験を不合格にされたシオンに機会を与えようと、理事会で彼の採用を説得していた。


そんな中、ERには救急車の中で急変した少年が運び込まれ、シオンは心臓の異常を指摘するが…。


 


※ER=救急救命センター



第2話



間違えてシオンの部屋で眠ってしまったフェローのユンソは、彼が小児外科に新しく入ったレジデントと知る。


出勤初日、ドハン教授の回診に付いたシオンは、ある術後患者の異常に気づき、危険だから再手術してくれと言い出す。


ドハンは主治医のコ科長に連絡するよう話し、シオンには今後何も発言するなと叱りつける。


だが、患者が心配なシオンは勝手に抜け出し、強引に患者を手術室に運んでしまう。


別の患者の手術中だったドハンはこれを知り…。



第3話



肝胆膵外科で手術不可能と診断された低体重児の保護者に、小児科でなら治せると話したシオン。


希望を抱いて訪ねてきた保護者に、ドハンは小児科でも手術は難しいと話し、シオンに代わって詫びるしかない。


勝手な行動で皆に迷惑をかけてばかりのシオンにユンソは医者とは何かを問い、ちゃんと自分の考えを持てと話す。


そんな中、患者の保護者たちはシオンの言動に不安を抱き、担当医から外してくれと言い出す。


シオンは院内で孤立していき…。



第4話



低体重児の手術中、問題が発覚する。対処法がなく窮地に陥るドハンにシオンはある方法を指摘し、手術は無事に成功する。


だが、規則を破ったことには変わらず、シオンの分も責任を取ったドハンは懲戒委員会により処罰が下される。


自分が皆にかけた迷惑に気づかず、子供が助かったから良かったと言うシオンに、ユンソはチームワークに欠ける人間は守ってやれないと話す。


同僚からも煙たがられたシオンは患者の子供たちの仲間に入ろうとするのだが…。



第5話



ERに運び込まれてきた患者を、コ科長の反対を押し切って手術に踏み切るユンソ。


だが時すでに遅く、患者は心停止してしまう。


子供を死なせたと保護者に責められ、初めての執刀だったユンソは失意にくれる。


一方、シオンは亡くなった子供が寂しくないよう霊安室の前に座り続ける。


そして、患者を救えなかった罪悪感に苦しむユンソに、シオンは患者に生きる機会を与えること自体が重要だと話す。


ドハンはユンソを呼び、手術の執刀を命じるが…。



第5話



虐待を受け、野性の動物のように育った少女ウノクが病院に運ばれてくる。


意思疎通ができず暴れるウノクに対し、動物のマネをして近づき、なだめるシオン。


精神安定剤を打たれるウノクを目にしたシオンは、動物と会話できる自分を主治医にしてほしいと頼み込むが、ドハンは聞く耳を持たない。


そんなドハンにユンソは、なぜシオンにだけ冷たいのかと抗議する。


そんな中、院長を追い出したいコ科長の思惑で、シオンはウノクの主治医となるが…。



第7話



ウノクが病室から抜け出し暴れたために、病院は大騒ぎになる。


多くの負傷者が出た上、ウノク自身も病状が悪化し、病室の鍵を閉めなかったと誤解を受けたシオンは、ドハンからひどく叱られる。


自分は鍵を掛けたと言い張るが、誰にも信じてもらえず、窮地に陥るシオン


。そんなシオンに院長は、悪くなくても責任を取らなくてはならないときがあると話す。


院長の判断によりシオンは解雇され、シオンはユンソに挨拶もできないまま病院を去ることに…。



第8話



ウノクを連れ戻しに来た彼女の伯母に、ウノクの気持ちを確認しようと言い出すシオン。


話せなかったはずのウノクは、病院に残りたいかという問いに「うん」と頷き、彼女は病院に残れることに。


ウノクの部屋の鍵を開けた件で無実とわかったシオンは再び小児外科に戻る。


喜ぶユンソだが、シオンを画像診断科に転科させようとするドハンからシオンを説得するよう言われる。


そんな中、声楽で有名な少年キュヒョンが喉の痛みを訴え、病院にやってくる。



第9話



屋上から飛び降りようとするキュヒョンだが、君が死んだらみんなが悲しむと話すシオンの言葉に自殺を思い止まる。


だが手術を拒み続ける彼の母に、シオンはキュヒョンを案じる。


そんな中、ドハンから転科を勧められたシオンは、外科医になると言い張る。


落ち込むシオンはキュヒョンの病室を訪ねる。


歌えなくなったら何もなくなると言うキュヒョンに、自分も外科医になれないかもしれないと話すシオンだが、それでも先生は夢に挑戦できると言われ…。



第10話



キュヒョンの手術に助手として立ち会ったシオンは神経を傷つけずにすむ方法が浮かび、それを指摘する。


手術は無事成功し、キュヒョンは再び歌えることに。


そしてドハンはシオンをレジデントとして正式に認め、小児外科に残すことを決める。


そんな中、産婦人科の教授からある妊婦の手術について相談を受けるドハン。


胎児に腫瘍があり手術が必要だが、障害が残ることを疎む姑の反対を受け悩んでいた妊婦は、シオンに励まされ手術を決めるのだが…。



1 2 »

ご視聴に関するお問い合わせはこちら

KNTVカスタマー 03-6809-5301

受付時間:平日10時~12時、13時~18時(土日祝/年末年始はお休み)

ページの先頭へ