「模範タクシー(原題)」のあらすじ

性犯罪者のドチョル(チョ・ヒョヌ)が心身衰弱を理由に減刑されて出所、世間からは批判が高まる。刑務所を出たドチョルの前に模範タクシーが現われ乗り込むが、ドチョルはそのまま行方不明になってしまう。検事のハナ(イ・ソム)は模範タクシーを調査し始めることに。運転していたのはタクシー運転手のドギ(イ・ジェフン)。ドギをはじめ、ムジゲ運輸のメンバーたちは実は“模範タクシー”として法で裁けない悪人たちに対し、被害者からの依頼を受け復讐代行していた。ハナは検事としての立場と、本当の正義の間で揺れ始める。一方、ドギらメンバーが復讐代行をするのにはある理由があった。

番組紹介へ

各話あらすじ

第11話犯罪者の連続失踪事件にドギたちが関与していると判断したハナは、ムジゲ運輸のスタッフたちの過去を調べ、ジヌにソンチョルの家の家宅捜索が必要だと言う。ヤンジンの死に責任を感じたドギは、ソンチョルに自分たちのやり方に落ち度はないかと話す。息子のドンヒを殺されたコ牧師はドギに復讐を依頼しながら犯人の写真をドギに渡すのだが、写真にはク・ソクテの顔が写っていた。そしてハナもドンヒの事件を捜査するのだが…。
第12話ドギは間一髪でソクテからシム・ウソプを救うのだが、ソクテの双子の兄弟のヨンテがウソプを追い詰める。ミンホを殺害したヨンテを逮捕しても証拠不十分で釈放するしかないハナは、模範タクシーに復讐を依頼する。ドギは臓器密売組織が臓器を摘出したあと硫酸で死体を処理したことに気づき、ハナとドギによって臓器密売組織の存在が報道される。そして、ドギはソンチョルにヨンテの身柄を検察に渡すと言うのだが…。
第13話ソンミはソンチョルとドギをだまして囚人たちを別の場所へ移し、ハナはヨンテを見つけるためにソンミに事情聴取を行う。車を奪ったヨンテは兄のソクテに助けを求め、ゴウンはソンミが囚人たちを隠した場所を突き止め、ハナもヨンテの居場所を突き止めるのだが、そこはバハマ大使館だった。ドギはヨンテを救急車で運び出すことに成功し、ソンチョルはヨンテと囚人たちの身柄を交換しようとソンミに提案するのだが…。
第14話ソンチョルは自分が捕らえた囚人たちによって連れ去られ、ドギはハナの協力で取調室から脱出する。ハナはソンミの事務所の家宅捜索を行い、姉を死に追い込んだ男から性的暴行を受けそうになったゴウンを救ったドギはジノンと合流しようとするのだが、ジュチャンはそんなジノンの車をトラックで襲う。ジュチャンに刺されたドギは、ソンチョルとギョングを救うためにソンミの事務所に乗り込み、そこにハナが現れる。
第15話連続殺人犯のオ・チョリョンはハナに手紙を送り、マスコミは毎日のようにソンミの犯罪を報じる。退院したソンチョルは復讐代行サービスで行った罪を1人でかぶろうとし、ドギたちは一緒に罪を償うと言う。囚人たちは取り調べで私設刑務所に監禁されていたと供述し、ドギはハナを私設刑務所へ案内する。チョリョンから手紙をもらったソンチョルはチョリョンを面会し、チョリョンはドギの母親を殺したのは自分だと打ち明ける。
第16話(最終話)ドギは母親を殺したのがチョリョンであることを知り、ソンチョルはチョリョンの罪をかぶったキム・チョルジンの依頼を引き受ける。チョリョンの息子のドンチャンが、チョリョンのいる刑務所の刑務官であることを知ったドギはドンチャンに近づく。ドンチャンが自分の息子であることを知らないチョリョンはドンチャンの腕を折り、ハナは自首したドギを逮捕しない。そして、ソンチョルたちはそれぞれの道を歩むのだが…。

« 1 2

ご視聴に関するお問い合わせはこちら

KNTVカスタマー 03-6809-5301

受付時間:平日10時~12時、13時~18時(土日祝/年末年始はお休み)

ページの先頭へ