「怪物(原題)」のあらすじ

エリート警察官のジュウォン(ヨ・ジング)は片田舎のマニャン派出所勤務を命じられる。パートナーを組むことになったのはドンシク(シン・ハギュン)。実はドンシクは20年前に妹を連続殺人事件で失い、その容疑者となった過去があった。そんな中マニャンで20年前と同じような猟奇殺人事件が発生。事件の捜査を始めるジュウォンだったが、かつての事件の資料が消えていたり、警察庁次長の父から捜査しないよう命じられる。町ぐるみで何かを隠しているのではと感じたジュウォン。実はジュウォンがマニャンにやってきたのはある理由があった。そして一方のドンシクも胸の内に秘密を抱えていた。ジュウォンとドンシクはお互いに疑いの目を向けながら共に事件を捜査することに。

番組紹介へ

各話あらすじ

第1話 現れるムンジュ市マニャンに住む女子大生のイ・ユヨンが、自宅の庭に指の第一関節だけ残して失踪するという事件が発生。その事件は未解決のまま20年が過ぎる。ユヨンの双子の兄であるドンシクは警官になり、マニャン派出所に勤務している。そこにエリートのハン・ジュウォン警部補が異動してくる。気の合わない2人だがナム・サンベ所長の命令でパートナーを組むことに。そしてパトロール中に通報を受け認知症の老人の捜索へ行くのだが…
第2話 消える葦原で指先を切られた白骨遺体を発見したドンシクとジュウォンは取り調べを受ける。遺体の身元を知っている様子のジュウォンをドンシクが問い詰めるが答えようとしない。そしてジュウォンは20年前の事件を調べ始め、ユヨンとパン・ジュソンの事件の調書がなくなっていることに気付。一方、マニャンスーパーの店主カン・ジンムクの娘ミンジョンが何日も帰っていないことを知ったドンシクはソウルまで捜しに行く。
第3話 笑うマニャンスーパーの前でミンジョンの指先を発見したドンシクとジュウォンは、ムンジュ署で参考人として聴取を受ける。だがジュウォンは被害者のミンジョンと親交のあったオ・ジファが捜査を担当することに反発する。一方、ミンジョンのにおいを追っていた警察犬がシムジュ山で飛ばし携帯を発見する。その携帯にはジュウォン宛てにメールを送信した履歴が3件残っていた。その件について、ジュウォンはジファから事情を聞かれるが…
第4話 泣くミンジョンの失踪事件の容疑者として緊急逮捕されたドンシク。家の地下室からミンジョンの血痕が見つかったのだ。しかし血痕は1滴しか見つからず、別の場所で犯行が行われたと考えたジュウォンは、ジェイの店を家宅捜索する。結局はミンジョンが失踪した夜、ジョンジェがドンシクと一緒にいたと証言したため釈放される。実は20年前の事件でもドンシクが釈放されたのは、ジョンジェがドンシクのアリバイを証言したからだった。
第5話 だまされるジュウォンは20年にわたる連続殺人事件が起こっていると記者たちの前で主張するも、父親であるハン・ギファン次長が記者会見を開き、その主張を否定する。一方、カン・ジンムクはムンジュ市の開発関連のイベントに出席し、娘であるミンジョンの事件のせいで開発が中断することは望んでいないと発言する。ジンムクを止めるためイベントに駆けつけたドンシクは、ト・ヘウォン議員とJL建設のイ・チャンジン代表に対面するのだが…
第6話 だますジンムクはドンシクに電話をかけて、ジュウォンの連絡先を教えてほしいと頼む。それはミンジョンの事件の捜査を依頼するためだった。そしてジュウォンはジンムクの証言を録音する。その後、ムンジュ警察署の防犯カメラ管理室の入退室記録を手に入れたジュウォンは、ナム・サンベ所長が書庫と廊下の防犯カメラの映像を消したことに気付く。そのことについて所長を問い詰めるが、一度だけ見逃してほしいと言われてしまう。
第7話 釣る失踪したミンジョンの携帯からジンムク宛てにメールが届く。ドンシクとジュウォンは、ミンジョンが失踪した日の出来事を思い出したというジンムクに呼び出される。会食の途中でジェイが消えたという話を聞かされた2人は、事情を聞きにマニャン精肉店へ行く。そこに警察署へ連れていかれたジフンが現れて、ジョンジェが代わりに捕まったことを知る。それを聞いたドンシクは留置場にいるジョンジェに会いに行くのだが…
第8話 釣られるミンジョンの殺害等の容疑でジンムクが逮捕される。罪を認めようとしないジンムクだが、ドンシクとジュウォンには話をすると言う。ドンシクに、ミンジョンは実の娘ではないだろうと問い詰められたジンムクは逆上してドンシクの首を絞める。そのあと、ジュウォンはミンジョンの殺害の前日にジンムクが来ていた釜山に行き、ジンムクの妻であるユン・ミヘを捜す。そこにドンシクも現れて一緒にマリアという店に向かう。
第9話 浮かぶジンムクが自殺してから3か月がたち、休職していたジュウォンがマニャン派出所に戻ってきた。時を同じくして、行方をくらましていたジェイがムンジュ警察署に出頭する。ジェイが現れたのは、ジンムクが自殺した日にナイフを持ってムンジュ警察署に向かう自分の姿が映った車載カメラの映像を警察に渡すと、何者かに脅迫されたためだった。ジェイはジンムクを殺すつもりだったが、留置場には入れなかったと答える。
第10話 沈むジンムクの自殺教唆および自殺ほう助罪でナム所長が緊急逮捕される。マニャン派出所の所長室にある金庫の中から、釣り糸とユン・ミヘの死体検案書が見つかったのだ。所長室にはマニャン派出所の職員なら誰でも出入りすることができたが、ドンシクはジュウォンの仕業ではないかと疑い、問い詰めるがはぐらかされてしまう。そしてドンシクはジェイに送られてきた脅迫メールの送信者を突き止め、それをジェイに伝えるが…

1 2 »

ご視聴に関するお問い合わせはこちら

KNTVカスタマー 03-6809-5301

受付時間:平日10時~12時、13時~18時(土日祝/年末年始はお休み)

ページの先頭へ