「まだ、慣れない30歳(原題)」のあらすじ

Web漫画家のジウォン(チョン・インソン)は30歳。思い描いていたような大人にはなれないものの、周りは20代の編集者が増え、自身の年齢に戸惑う日々。親友で同じく30歳のランジュ(ハニ(EXID))、アヨン(チャ・ミンジ)と仕事や恋の悩みを打ち明け飲み明かす日々。そんな中ジウォンの初恋をテーマにした作品が映画化されることになり、新しい担当としてスンユ(カン・ミンヒョク(CNBLUE))がやってくる。実はスンユはジウォンの中学時代の初恋相手だった。男らしくなって現れたスンユにジウォンの胸は高鳴り始める。一方、映画監督のドフン(ソン・ジェリム)もジウォンのことが気になるようで…。

番組紹介へ

各話あらすじ

第1話売れっ子ウェブ漫画家のソ・ジウォン、30歳。人気作「サイコ新婦」の連載を終えた彼女は、新たな担当編集者“イ・スンユ”の名前を聞き、中学時代の初恋を思い出していた。そして迎えた新連載「水彩画のように」の打ち合わせ当日、目の前に現れたのは初恋相手本人であり、ジウォンはとまどうことに。同じ頃、ジウォンの高校時代からの親友で、飲食店オーナーのアヨンとアナウンサーのランジュも、新たな出会いに翻弄されていた。
第2話酔った勢いでスンユに電話をかけてしまい、気まずい思いをするジウォン。そんな彼女に、スンユは母校の中学校へ取材に行こうと提案する。中学校では過去の失恋の事実も明らかになり、2人は急接近することに。久々の恋の始まりに、ジウォンはときめきを隠せないのだった。一方、ランジュに好意を持つジュニョンは、アヨンの店にアルバイトとして就職。それを知ったランジュは激怒し、「もうこの店には来ない」と言い放つのだが…。
第3話スンユとのデート中、またもや“イ・ヘリョン”からの着信を目にしたジウォン。直接スンユに聞くこともできず、悶々としたまま距離を置いてしまう。ジウォンの態度に、スンユも不安を抱くようになる。一方、ジュニョンから熱烈なアプローチを受けるランジュは、わざと彼の前で別の男性と会い、諦めさせようと画策する。しかし男性と別れた後、酔った勢いでジュニョンに会いに行ってしまい、彼から意外な事実を聞かされるのだった。
第4話スンユを突き放そうとしながらも、完全には拒めずにいるジウォン。そんな状況で思い悩む彼女に対し、映画監督のドフンは一緒に「サイコ新婦」の脚本を書こうと提案する。本音で会話を重ねるうちに、ジウォンとドフンの距離は縮まっていくが、2人の様子を見たスンユは嫉妬を隠せない。同じ頃、唯一担当していたラジオ番組の終了を聞かされたランジュは、ショックを隠して気丈に振る舞っていた。しかしジュニョンの優しさに触れ、思わず涙を流してしまい…。
第5話(最終話)突然会食の場に現れたヘリョンによって、過去の関係を暴露されてしまうジウォンとスンユ。それでも諦めようとしないスンユを、ジウォンは冷たく突き放す。しかし数日後、すっかり気持ちの整理がついていたジウォンのもとに、ユン代理から電話が。ヘリョンの書き込みがきっかけで、「水彩画のように」のコメント欄が炎上していることを知る。騒動はSNメディアへの不買運動にまで発展し、ジウォンは休載に追い込まれるのだが…。

1

ご視聴に関するお問い合わせはこちら

KNTVカスタマー 03-6809-5301

受付時間:平日10時~12時、13時~18時(土日祝/年末年始はお休み)

ページの先頭へ