「ペントハウス(原題)」のあらすじ

ソウルの高級住宅地にそびえる100階建てのタワーマンション“ヘラパレス”。華やかなパーティーが開催され、花火が打ち上がる夜、一人の女性が転落する。遡ること2ヶ月前。一般家庭に育ったロナ(キム・ヒョンス)は財閥の子息たちが通うチョンア芸術高校の声楽科に進もうとするが、母の大反対にあう。実は母のユニ(ユジン)も高校生の頃同じ夢を抱きつつ、同級生で財閥の娘のソジン(キム・ソヨン)に首を傷つけられ夢を絶たれたのだった。そうとは知らないロナは声楽教師となったソジンのレッスンを受けようと直談判し、ソジンとユニは再会を果たす。その後自身と同じくロナが退学を迫られ、ユニは娘のために教師や保護者に宣戦布告し、娘の夢を後押しすることに。その後ロナは声楽科に合格するが、そこにはソジンの娘や、“ヘラパレス”のクイーンと呼ばれるスリョン(イ・ジア)とその夫ダンテ(オム・ギジュン)の子もいた。欲望渦巻くヘラパレスと名門高校で激しい闘いが幕を開ける―。

番組紹介へ

各話あらすじ

第11話持ち物からたばこが出てきてあらぬ疑いをかけられたロナ。自分の物ではないといくら言っても担任は信じてくれない。そこにソクフンが現れ、たばこを入れたのは自分だと言いだす。一方、ユンチョルは妻の浮気相手がダンテだったと知りショックを受ける。家を出たもののソジンとの離婚話は進展せず、手術で大きなミスを犯してしまう。一刻も早く離婚したいユンチョルだが医療過誤を隠蔽するにはソジンの力が必要だった。
第12話ロナと事あるごとに対立してきたウンビョルは髪飾りを手にロナに襲いかかる。しかし目撃者がいなかったためロナの言い分は無視されてしまう。一方、学校に呼び出されたスリョンは悪意に満ちたホドンの態度に耐え切れず正体を問うが、ホドンは突然ソラの名前を出してスリョンをなじり始めるのだった。そしてソラが自分の娘であることを家族に告白するように迫られたスリョンは、急いでホドンの正体を探るのだが…
第13話スリョンの助けを借りてダンテに奪われた全財産を取り返そうとするユニ。まずは謎の富豪ローガン・リーに接触しようするが秘書に追い払われてしまう。しかし何としてもダンテの会社に就職したいユニは諦めず、ついにローガンに会い協力を得られることに。一方、何か月も前に捨てたはずの指輪を受け取ったソジンは慌ててダンテの元へ。脅迫者はスリョンに違いないと主張するがダンテに否定され、夫のユンチョルを疑い始める。
第14話ヘラパレスで催されるプライベートパーティーに招かれたローガンは、参加者全員を震え上がらせるサプライズを用意していた。ローガンが仕込んだマネキンを見た瞬間、ユニの断片的な記憶がよみがえる。ソジンはスリョンの仕業だと確信してスリョンとソラの関係を明かすように迫り、しらを切るスリョンに1枚の絵を証拠として突きつける。そんな中、ロナはウンビョルたちにぬれぎぬを着せられて耐えられなくなり退学届を出すが…

« 1 2

ご視聴に関するお問い合わせはこちら

KNTVカスタマー 03-6809-5301

受付時間:平日10時~12時、13時~18時(土日祝/年末年始はお休み)

ページの先頭へ