「誰も知らない(原題)」のあらすじ

被害者が生きている間にキリストの磔刑のように両手に穴を開け殺害する聖痕連続殺人が世間を震撼させる中、ヨンジン(子役:キム・セロン)の親友スジョン(子役:キム・シウン)が8番目の被害者となってしまう。ヨンジンは事件直前にスジョンから電話がかかってきていたが出られず、直後にスジョンは殺害されたのだった。その後犯人はヨンジンに電話し、「スジョンは最後の犠牲者で、自分を見つけても罰せない」と嘲笑う。そして犯人は言葉通り、それ以上被害者を出さず、捜査本部も解散することに。19年後、自責の念から刑事となったヨンジン(キム・ソヒョン)はソウル地方警察庁広域捜査隊のチーム長となり、聖痕連続殺人事件の再捜査を開始する。スジョンの妹から新たな手掛かりを得たことで、事件に関係があると見られる牧師サンウォン(カン・シニル)の部屋を訪ねる。するとそこには19年前を彷彿とさせる遺体があった。そしてヨンジンの目の前でサンウォンは自殺してしまう。そんな中ヨンジンの下の階に住み彼女を慕う中学生ウノ(アン・ジホ)がヨンジンを訪ねてくる。ある問題を抱えているウノだったが、事件の捜査に忙しいヨンジンはウノの変化を見逃してしまう。翌日、ウノがホテルの屋上から転落する事件が発生。一命をとりとめるが、ヨンジンは意識の戻らないウノのため真相解明を誓う。そしてヨンジンの学校の教師で、見て見ぬふりをしてきたソヌ(リュ・ドックァン)もヨンジンと共に事件の真相を追い始める。するとソヌも幼い頃にサンウォンに出会っていた事が発覚。徐々に
ウノの事件と19年前の殺人事件が繋がり始める中、事件に関わる人物がまたしても遺体で発見され…。

番組紹介へ

各話あらすじ

第11話 意識を取り戻したウノは事故に遭うまでの1か月間の記憶がなく、ヨンジンが聖痕連続殺人事件の被害者の関係者であることが公になってしまう。ヨンジンは記憶のないウノに大事な物を隠すならどこに隠すのかと質問し、ソヨンがウノの母親であることを知ったヒソブは大きく動揺してしまう。ウノの体質を思い出したソヌはヒソブとソヨンの関係を怪しく思い、ヨンジンとウノの仲を知ったギホはヨンジンに電話をかける。
第12話 ギホがウノに渡したものが「新生命の福音」であることを知ったヨンジンは、同じ本でギホにかまをかけ、2人の共通の敵がペク・サンホであることを知る。ヒソブはソヨンと過去に付き合ったことがあるとソヌに打ち明け、ウノが自分の子供かもしれないと考える。ウノの記憶喪失が本当であることを確かめ、その後ミンソンに会ったウノは少しだけ記憶を取り戻す。そしてソヌはみんなが捜している本を図書室で見つけるのだが…。
第13話サンウォンは聖痕連続殺人事件の犯行現場にサンホを同行させ、サンホは高校生のヨンジンを苦しめる計画を立てる。ウノはサンホの部屋でスジョンの写真と赤いケータイ電話を見たことを思い出し、ソヌはウノにヒソブとの関係を知っていることを打ち明ける。ヨンジンとソヌはウノの記憶が戻ったことを秘密にし、ヨンジンの懲戒委員会が開かれる。
ソナは独断でソヨンに探りを入れ、ドゥソクは1人でウノの病院へ向かうのだが…。
第14話ヨンジンは聖痕連続殺人事件のもう1人の犯人を突き止めたことを同僚たちに打ち明け、懲戒委員会はインボムに解任処分を下す。サンホはテヒョンの報告でソヌが新生命の福音を持っていることに気づき、ソヌは自分を憎んでいるテヒョンに新生命の福音を託す。ソヨンはミンソンの母親に会いに行き、インボムはミンソンがドンミョンをかばったことをウノに話す。そして、ビョンヒたちは監視していたユ・パンスルの死体を見つける。

« 1 2

「誰も知らない(原題)」がお好きな方にオススメの番組

ご視聴に関するお問い合わせはこちら

KNTVカスタマー 03-6809-5301

受付時間:平日10時~12時、13時~18時(土日祝/年末年始はお休み)

ページの先頭へ