「VIP(原題)」のあらすじ

ソウルにあるセレブ御用達のデパート、ソンウン百貨店。ここでは上流階級の顧客だけを担当するVIPチームが活躍していた。次長として働くジョンソン(チャン・ナラ)は仕事も充実し、チーム長を務める夫のソンジュン(イ・サンユン)とも満ち足りた生活を送っていた。そんなある日ジョンソンの元に「VIPチームに夫の女がいる」というメールが届く。ソンジュンの潔白を信じたいジョンソンだったが、夫の動向を調べるうちに、同期で親友のヒョナ(イ・チョンア)、ワーキングママのミナ(クァク・ソニョン)、そして契約社員から抜擢されたユリ(ピョ・イェジン)など、VIP チーム内に疑わしい女性の存在がちらつく。VIPチームの女性たちはそれぞれにある事情を抱えていた。そしてソンジュンもまた妻には明かせない大きな秘密があるのだった。一方その頃、経営陣の間ではVIPチームを利用して次期後継者の座を狙う動きがあり…。

番組紹介へ

各話あらすじ

第11話 引き返せない歩みユリとの関係は終わったと副社長に告げるソンジュン。副社長はジョンソンを蔚山支店に異動させることを決める。そんな中、副社長の姉が社長に任命されたというニュースが報道される。一方、ペ理事に呼び出されたミナ。ペ理事に下心があると分かり逃げ出すと、そこにビョンフンが現れる。そして母親が他界して悲しみに暮れるユリ。心の支えをなくしてしまったユリを見てソンジュンが下した決断は…
第12話 死角地帯蔚山支店に異動になったことを知ったジョンソンは、ソンジュンとユリの関係を公表すると副社長に告げる。ティフォーネ展の動画を撮影したのは自分だとヒョナに告白するミナ。ミナも被害に遭っていたことを知ったヒョナは、自分がペ理事からセクハラ被害を受けたことを掲示板で公表する。一方、ソンジュンはユリとは別れないと副社長に告げる。愛人の存在を知らせるメールをユリが送ったと知ったジョンソンはユリに電話をかける。
第13話 敵になった人メールの送り主がユリだと知ったジョンソンは、チームから出ていくようユリに迫る。セクハラを告発されたペ理事は解雇され、ティフォーネ展の動画を撮影したことを会社に報告したミナは退職することを決意する。そしてソンジュンとジョンソンは創立記念の夫婦同伴ワークショップに出席することに。ユリが課長に昇進し、むなしさを感じるヒョナ。一方、ジョンソンとユリは下見に行ったレストランの屋上に閉じ込められてしまう。
第14話 迷路の終わりVIPチームとプレステージチームでタスクフォースを組むことになる。ジョンソンたちは未婚者のための慈善パーティーを開くため、敏腕仲介人を訪ねる。ヒョナを飲みに誘ったチャ代理。チャ代理の優しさに触れ、ヒョナは交際しないかと伝える。一方、ユリは母親の納骨堂に行かないかと副社長に提案するが、母親のことは忘れるよう言われてしまう。そしてソンジュンは自分が浮気をして離婚することになったと母親に話す。
第15話 私たちは本当に愛し合ったの?ユリは留学するよう副社長に言われ、ソンジュンが離婚するまで会うことを禁止される。酔ってジョンソンの暮らす自宅に帰ってしまったソンジュン。それを知ったユリは不安になる。ジョンソンはソンジュンが愛人の子であることをソンジュンの母親に聞かされる。一方、慈善パーティーで自分が企画したジュエリーの売れ行きが好調で手ごたえを感じるミナ。そこで酔った顧客にからまれて階段から転落し、意識を失ったジョンソンは…
第16話(最終話) 誰かの終わり、誰かの始まりソンジュンとの離婚を決意したジョンソン。副社長が名義株を保有していることが告発され、ソンジュンとユリの不倫も公になる。一方、ジョンソンは母親に会いに行く。ソンジュンと一緒にいても幸せになれないと思ったユリは別れを切り出す。そしてミナの代わりに育児休暇を申請することにしたビョンフン。ソンジュンはジョンソンと幸せに暮らしていた頃の写真を見て涙を流す。ある日、久しぶりに再会したソンジュンとジョンソンは…

« 1 2

ご視聴に関するお問い合わせはこちら

KNTVカスタマー 03-6809-5301

受付時間:平日10時~12時、13時~18時(土日祝/年末年始はお休み)

ページの先頭へ