「リーガル・ハイ(原題)」のあらすじ

新人弁護士のジェイン(ソ・ウンス)はある日電車でお年寄りに席を譲らない変わり者の男と出会い口論になる。その後、ジェインは幼馴染みが被疑者となった事件を担当することになるが、このままだと敗訴は確実。危機に陥ったジェインは勝訴率100%を誇るという弁護士テリム(チン・グ)に助けを求めることに。だが、テリムこそが数日前に電車で口論になった男で、「正義は金で買える」がポリシーのお金大好き弁護士だった。自己中な彼のやり方に反発するジェインだったが、テリムの事務所で共に働くうちに、ジェインは本当の正義とは何か、弁護士の使命とは何かについて考え始める。一方大手事務所B&Gローファームの弁護士たちは何かとテリムを目の敵にするが、実はテリムとB&Gとは深い因縁があり…。

番組紹介へ

各話あらすじ

第1話セクハラを働く上司に暴力を振るってしまったソ・ジェインは、元恩師のソン・ウネの紹介でミン・ジュギョンに弁護を依頼することになる。確実に勝てる裁判で勝訴率100%のコ・テリムに負けてしまったユン・サングは、テリムと犬猿の仲のパン・デハンにこっぴどく絞られる。ジェインの人柄を気に入ったジュギョンは、ジェインにB&G法律事務所のインターンとして働くチャンスを与え、ユン・サングはそんなジェインを縁故入社だと言って目の敵にする。バイト先のオーナーを殺害した容疑で捕まったキム・ビョンテは、小学校の同級生だったジェインに弁護を依頼するのだが、ビョンテは有罪となり、10年の実刑が下されてしまう。自分の未熟さを痛感したジェインは、控訴審をほかの弁護士に依頼しようとするのだが、みんなに断られてしまう。ケテ(怪物変態)の異名を持つテリムの噂を聞いたジェインは、ビョンテの控訴審をテリムに依頼しようとするのだが…。
第2話内部告発によってDNグループに検察の捜査のメスが入り、B&G法律事務所では大口のクライアントであるDNグループを守るために対策会議が開かれる。自分を襲った男の黒幕を突き止めたテリムは、B&GからDNグループを顧問弁護士の座を奪い、計り知れないスペックを持つテリムの事務長のク・セジュンは、ジェインの依頼を引き受けなければ事務長を辞めるとテリムに言う。セジュンを手放したくないテリムはジェインの依頼を引き受け、B&Gのパン・デハンはジュギョンの提案で、テリムを倒すためにテリムの一番弟子だったカン・ギソクを雇う。テリムの戦略が功を奏し、ビョンテの原判決が破棄差戻しとなり、サングは何者かによってテリムを襲った黒幕に仕立てられてしまう。ギソクがB&Gに入ったことにショックを受けたテリムは、ビョンテの裁判に身が入らず、ビョンテのアリバイを証明するはずだった売店の店主は、法廷で証言を覆してしまうのだが…。
第3話テリムはジェインをB&Gのスパイダと誤解し、アソシエイト弁護士に降格したサングは、ギソクのアシスタントをデハンに命じられる。ジェインはセジュンの一言で検察側証人の偽証を立証する手がかりを見つけ、ギソクはテリムを倒したい理由をジュギョンに話す。サングはテリムを襲った男を雇っていないとテリムに話し、黒幕が分からなくなったテリムは不安を抱く。そして、ジェインはビョンテの無実を疑うようになる。
第4話企業と社員の訴訟で、テリムはお金になる企業側の代理人依頼を引き受け、デハンはギソクの提案でサングを社員側の代理人にする。酔っ払って何度もギソクに失礼なことをしたジェインは、ウエーディング撮影損害賠償の訴訟でギソクと闘うことになる。企業の横暴に苦しむ社員に自分を重ねたサングは涙を流し、テリムにかき回された社員たちは団結力を失う。そして、ジュギョンはテリムを襲った男を見つけるのだが…。
第5話ジェインが担当している裁判を傍聴したテリムは、昔、自分が振ったト・ムンギョンが裁判官であることを知り、不吉な予感が的中したと言う。サングはデハンの命令でケテとジェインの間の秘密のサインを分析し、テリムはジェインに裁判に負けてはならないとプレッシャーをかける。ギソクはジェインの依頼人のミンチョルがストーカーではないことを知っても、弁護士として自分の依頼人であるヒョンジを守ろうとするのだが…。
第6話ジェインはテリムの幻が見えることをソリに相談し、ソリはジェインがテリムを見直したからだと言う。デハンはジェインとの訴訟で勝ったギソクのために祝勝会を開き、ギソクは複雑な表情を浮かべる。ソリは曲を盗作されたと主張するソフィアとアントニオをテリムに紹介し、ソフィアに訴えられた作曲家はB&Gのギソクを代理人に立てる。そして、サングは著作権訴訟で敵であるジェインに重要な情報を渡すのだが…。
第7話清掃係に転落したサングはジュギョンに掃除のことを褒められて喜び、アントニオのおかげでテリムたちは自爆魂の曲をジェームズ・パクに提供したのがシャルロッテだったことを突き止めることに成功する。シャルロッテは法廷でテリムたちを裏切り、テリムはシャルロッテが裏切ることを予測していた。サングはジュギョンに掃除を褒められ、ソフィアがシャルロッテに曲を売ったという契約書の存在が明らかになるのだが…。
第8話飲食店オーナー殺人事件の真犯人を調べていたジェインは何者かに襲われ、テリムはウネとジェインの関係に疑問を抱く。ジェインが刺されたと勘違いしたギソクは病院の廊下で涙を流し、サングはジュギョンに花を渡すことに失敗する。テリムは刑事裁判で負けたイ・ジョンミの訴訟を民事で逆転させるために、訴訟を国民参与裁判に持ち込もうとする。そんな中、サングはジェインにギソクの思いを伝えるのだが…。
第9話訴訟に負けたくないテリムは検察と裁判所を敵に回し、セジュンはテリムの心的外傷後ストレス障害の悪化を案じたセジュンは、ジェインに訴訟を1人で引き受けてほしいと言う。ソリとお見合いしたギソクは著作権訴訟で自分が知らなかった真相を知りショックを受け、テリムによって裁判所と検察庁が裁判で対立していることがニュースになる。ジュギョンはギソクにテリムが検察と裁判所に刃向かっている理由を説明するのだが…。
第10話検察庁と裁判所を敵に回したテリムは抱えていたクライアントたちから契約を打ち切られ、功労を認められたサングは事務所で昇進する。ジュギョンはジェインにテリムのことを理解してもらうために、テリムとハンガン・グループのソン・ギジュンの因縁について話す。そんな中、天才子役のユ・ハリンは母親と縁を切るためにテリムに弁護を依頼し、ギソクはハリンの母親の弁護を引き受けるため、パン代表に辞表を出すのだが…。

1 2 »

ご視聴に関するお問い合わせはこちら

KNTVカスタマー 03-6809-5301

受付時間:平日10時~12時、13時~18時(土日祝/年末年始はお休み)

ページの先頭へ