「SUITS/スーツ~運命の選択~」のあらすじ

韓国の大手法律事務所カン&ハムを代表するエース弁護士として活躍するチェ・ガンソク(チャン・ドンゴン)。冷静な判断力と緻密な計算によって、数々の難しい訴訟を勝ち抜いてきた。部下を持たない主義だったが、ある日、事務所代表のカン・ハヨン(チン・ヒギョン)からシニアパートナーに昇進する条件として、部下となるアソシエイトを雇うように命じられる。一方、一度目にしたものは忘れない驚異的な記憶力を持つコ・ヨヌ(パク・ヒョン シク)は、祖母の入院費を稼ぐために麻薬の運び屋の仕事をやむなく引き受ける。しかしこれはヨヌを逆恨みした財閥御曹司による罠だった。警察に追われたヨヌは、偶然通りがかったアソシエイト面接会場に逃げ込み、ガンソクと出会う。ガンソクはヨヌの記憶力に興味を抱き、彼の経歴を詐称してアソシエイトに採用する。こうして弁護士資格を持たないヨヌと敏腕弁護士のガンソクは、パートナーとして 手を組むことに。スタイリッシュなスーツに身を包んだ2人の快進撃が今始まる!

番組紹介へ

各話あらすじ

第11話 悪魔を飲み下すには
角まで飲み込まなければならない。
横領と不倫問題でカン&ハムを追われたハム代表が、妻の死をきっかけに復帰を宣言する。ガンソクはこれを阻止する方法として新しい弁護士を雇うことをカン代表に提案し、ヨヌの秘密を知るキム・ムニをグンシクのアソシエイトとして採用させる。一方、初めて一人で事件を担当することになったヨヌは、盗作で訴えられた出版社社長の弁護人となる。ヨヌは原告の小説家志望者が訴訟に踏み切った本当の理由を知り、ジナに協力を求めるが…。
第12話 理想を盲信すれば、現実に裏切られる。ハム代表が強引にカン&ハムに復帰する。ガンソクはハム代表が自分への復讐心を抱いて戻ってきたことをヨヌに告げ、目を付けられないように注意しろと警告する。そんな中、ヨヌの祖母が入院している病院でストライキが発生。病院の法定代理人を引き受けたガンソクはヨヌと共に労働組合の看護師と会うが、交渉は決裂する。グンシクを手懐けて情報をつかんだハム代表は姑息な手でガンソクの業務を妨害したばかりか、ヨヌに接近して…。
第13話 偽りの翼をつけて羽ばたいた瞬間、
着陸はできなくなる。
2年前、交通事故の被害者に訴えられた自動車メーカーを弁護し、勝訴に導いたガンソク。ところが、車両の欠陥を示す証拠を見つけたという被害者の遺族がガンソクとカン&ハムを相手取って訴訟を起こす。被害者側の弁護士はデイビッドだった。ガンソクは弁護士資格を失う危機に陥るが…。一方、ヨヌに夕食の約束をすっぽかされたジナはすっかり不機嫌に。ヨヌは改めて食事をしようとジナを誘い、彼女を祖母に紹介してカップルリングを贈る。
第14話 秘密を完璧に守るための方法は
誰にも話さないことだ。
証拠隠滅の責任を問われ、カン&ハムを解雇されたダハム。ガンソクは裁判で無実を証明すると宣言するが、カン代表はハム代表の意見に従い、被害者遺族との和解交渉をガンソクに命じる。ガンソクを法廷に立たせたいデイビッドは、交渉の場でガンソクを挑発。ガンソクは思わずデイビッドに殴りかかってしまう。一方、ジナと話しながらあることを思いついたヨヌは、模擬法廷でガンソクの裁判をシミュレーションしたいとカン代表に提案するが…。
第15話 目的地を見失ったときは、
歩いてきた道を振り返れ。
模擬法廷の投票のために陪審員が集められる。ハム代表はまずグンソクのシニアパートナー昇進に関する投票をしたいと提案し、模擬法廷でガンソクが有罪となればカン代表もカン&ハムを去る約束になっていると公表する。一方、ヨヌは自動車メーカーの代表と会い、ある証言を確保して…。そんな中、信頼の失墜したカン&ハムからは次々とクライアントが離れていく。キム&チョ法律事務所のキム代表は、カン代表に合併の話を持ちかけるが…。
第16話(最終話) 人生はあなたに目的地を教えてはくれない。ヨヌの秘密が明らかになり、騒然となるカン&ハム。ガンソクはすべて自分の責任だと言い、カン代表に辞表を突きつける。一方、ヨヌは真実を隠していたことをジナに謝る。ジナは謝罪を受け入れる気はないと腹を立てながらも、待っているとヨヌに告げる。ガンソクはハン代表について調べ、ヨヌもまた合併が罠だという証拠をつかんでガンソクに報告。その後、ヨヌは留学することになったと祖母に伝え、ガンソクと事務所を守るために自首するが…。

« 1 2

ご視聴に関するお問い合わせはこちら

KNTVカスタマー 03-6809-5301

受付時間:平日11時~13時、14時~17時(土日祝/年末年始はお休み)

ページの先頭へ