「カネの花(原題)」のあらすじ

孤児院で育ったピルジュ(チャン・ヒョク)が刑期を終えて出所する。実はピルジュは御曹司のブチョン(チャン・スンジョ)の代わりに服役していたのだった。頭脳明晰なピルジュに信頼をおくブチョンの母マルラン(イ・ミスク)は財閥一家で生き残るため、ピルジュを側近として引き入れる。服役中に父を亡くしたピルジュはマルラン一家への復讐を胸に誓いながら財閥一家に入りその機会を伺う。そんな折、一族から見くびられているブチョンの立場を強固なものにしようと、大統領候補の娘であるモヒョン(パク・セヨン)との結婚話が進む。だがモヒョンは幼い頃ピルジュの命を救った人物だった。モヒョンへの想いと復讐の間でピルジュの心は揺れ始める。

番組紹介へ

各話あらすじ

第11話子供の頃に過ごした場所で再び顔を合わせたピルジュとモヒョン。モヒョンはピルジュが持っている首飾りを見て、蜂蜜をくれた少年がピルジュだったことを知る。2人きりの時間を過ごす中、モヒョンはピルジュの命を救って以来ずっと考え続けていたと言い、ピルジュはこれまでモヒョンに話さなかった理由を伝える。一方、携帯電話を置いて出かけたモヒョンを心配していたブチョンは、翌朝、車内で寝ているピルジュとモヒョンを見つける。
第12話オ運転手に自分がウンチョンだと気づかれたピルジュは、オ運転手の秘密を暴露しようとする。どうしても秘密を知られたくないオ運転手は、マルランにウンチョンは死んでいたと嘘の報告をする。マルランは納骨堂にウンチョンが祭られているのを見て、やっと安心した表情を浮かべる。チャン家ではナ議員を囲む会が開かれる。そんな中、ナ議員が政治資金を受け取ったという内部告発を受けて検察の極秘捜査が進んでいるという報道が流れる。
第13話ピルジュは自殺したナ議員の携帯電話に残された録音ファイルを聴く。そこにはナ議員が自殺した日、チャン名誉会長以外にナ議員を訪ねたもう一人の人物との会話が録音されていた。そして、ピルジュは録音されているチャン名誉会長とナ議員の会話をモヒョンに聞かせ、ブチョンと離婚してチョンアを去るように言う。一方、マルランはモヒョンを切り捨て、ブチョンに再婚相手を見つけようと考える。
第14話モヒョンはマルランにブチョンの出生の秘密を知っていることを明かし、離婚を拒否する。マルランから事情を聞いたピルジュは、ソンマンがDNA鑑定を行った際にウンチョンのDNAとすり替えて事なきを得たと伝える。そんな中、モヒョンはチョンアの福祉財団で働こうと考えるが、そんなモヒョンにピルジュはチョンアを去ってほしいと再び警告する。それでもモヒョンは福祉財団で働くために、チャン名誉会長に許可を得ようとする。
第15話細工された車に乗り事故に遭ったピルジュは意識が戻らず、チャン名誉会長の心配の種となる。一方、細工されたモヒョンの車に乗ったブチョンもケガを負って入院していた。ブチョンは医師である妹から、5年前に採血をしたピルジュが敢えて別の病院で検査をしたと聞かされる。そして、退院したブチョンはマルランに、モヒョンとは離婚しない意思を伝える。また、モヒョンは命を狙われるという辛い状況に耐えてもなお、チョンアに残ろうとする。
第16話ピルジュとモヒョンはピルジュの部屋に2人きりでいるところをマルランに見られ、厳重注意を受ける。一方、ブチョンはモヒョンに、父のチャン・スマンに実の息子がいたことを打ち明ける。その夜、ピルジュの部屋を訪ねたブチョンは、チャン家の実子であるピルジュを前に、必ずチョンアの会長になると宣言する。そんな中、副社長の座を巡ってブチョンとヨチョンの争いが激しさを増すが、チャン名誉会長は一族以外の候補も考え始める。
第17話ブチョンはソウォンを訪ね、ソンマンがけしかけて行わせようとした記者会見をやめさせようとする。一方、ピルジュがウンチョンだと気づいたモヒョンは、真実を話してほしいと訴える。ピルジュはモヒョンに何を聞いても動揺しない覚悟ができたなら、すべてを話すと答える。そんな中、モヒョンが拾ったチャン家の首飾りの存在をマルランに知られてしまう。本来ウンチョンのものだと知っていたマルランは、モヒョンが持っていたことに疑問を持つ。
第18話ブチョンとの結婚がすべてピルジュの計画だったことを知ったモヒョンは、チャン名誉会長にナ議員が録音した会話を聞かせ、父の死の真実を確かめようとする。録音データにはナ議員を自殺に追い込もうとする発言が残っていたが、チャン名誉会長は悪びれもせずモヒョンを出入り禁止にする。やけ酒を飲み倒れたモヒョンは、寝言でピルジュの名前を呼ぶ。それを聞いたブチョンはピルジュに、モヒョンを奪うためにすべてをバラしたのかと問う。
第19話チャン名誉会長に自分が孫のウンチョンであると告白したピルジュは、強気な態度を見せる。一方、副会長になったブチョンは、ミャンマーにいるヨチョンを独断で呼び戻し、チャン名誉会長に事後報告する。憤るチャン名誉会長をピルジュが説きふせるが、ブチョンはピルジュの言動に不信感を抱くようになっていた。そんな中、ピルジュとチャン名誉会長が2人で外出したことを知ったブチョンは、ピルジュの動きが一層気になってしまう。
第20話離婚を拒否するブチョンにモヒョンは、訴訟をするしかないと告げる。一方、ピルジュはチョンアバイオを持株会社にし、ブチョンをグループの会長に据えるという計画を立てる。そんな中、ピルジュが不正の証拠資料を検察に提出したことで、チャン名誉会長は出頭要請を受ける。名誉会長側はヨングを襲わせて資料を奪うが、ピルジュはより強力な不正の証拠を突きつける。それを見たチャン名誉会長はピルジュへの融資を決行するが…。

« 1 2 3 »

ご視聴に関するお問い合わせはこちら

KNTVカスタマー 03-6809-5301

受付時間:平日10時~12時、13時~18時(土日祝/年末年始はお休み)

ページの先頭へ