「グァンヒのおいしい韓国レシピ」のあらすじ

料理詳細

#1  いいだこと長ねぎの炒め物、蒸し青とうがらしのあえ物長ねぎを網で焼いて香ばしさと甘さを引き出し、いいだことの炒め物に。いいだこを炒めるときの、硬くならず、ぷりぷりに仕上げるコツに注目。みそ味の蒸し青とうがらしのあえ物は、辛くなく、子供から大人まで楽しめる一品。
#2 <イ・スンオクのボリューム満点ご飯> 参鶏湯(サムゲタン)、さくさく豆もやしのジョン体にいいものがたっぷり入った滋養食、もち米と黒米を入れた参鶏湯。今回は一味違ったたれも紹介。もう一品の豆もやしのジョンは、2種類の粉で生地を作り、香ばしく、さくさくとした歯応えを楽しめる。
#3 <イ・スンオクのボリューム満点ご飯> 渡りがにの海鮮鍋渡りがにはじめ魚介類がたくさん入った海鮮鍋は、あさりのだし汁と野菜のだし汁を使い、深みのある味に。もう一品は、海鮮鍋のおかずにもなる、にらとたまねぎのあえ物を紹介。合わせ調味料にはお酢と梅エキスを入れ、さっぱりとした味に。
#4 <イ・ヘジョンの感激料理のコツ> 辛みそ、豚カルビのピリ辛煮込みコクのある辛みがクセになる使い勝手抜群の万能辛みそ。ビビン麺や魚の煮付けにも使用できる。たまねぎをミキサーにかけ、コチュジャン、粉とうがらし、梅シロップなどを入れる。ポイントは最後に入れる、あみの塩辛。この辛みそを使い、野菜もたっぷり入った豚カルビのピリ辛煮込みも紹介。
#5 <イム・ヒョスクの満足ご飯> 丸鶏の煮込み、じゃがいものチヂミ圧力鍋を使って作る栄養満点の丸鶏の煮込みと、鍋の底に敷いたもち米で作るおこげスープを紹介。もう一品は、チヂミ。小麦粉は使用せず、すりおろしたじゃがいもに、にんじんやズッキーニなどを入れ、もちもちしたチヂミに焼き上げる。
#6 <パク・ギョンシンの楽々ご飯のコツ> 野菜で包む麦ご飯、合わせみそコチュジャンとみそをメインにした2種類の合わせみそと一緒に、野菜で包む麦ご飯。失敗しない麦ご飯の炊き方、野菜の蒸し方、おいしく仕上げるコツが満載。牛肉を入れたコチュザンの合わせみそと、みそに野菜をたっぷり入れて煮干しを隠し味にした合わせみそ。
#7 <チョン・ミギョンの簡単ご飯> あわびご飯、キムチのえごま油炒めおいしくて栄養満点のあわびご飯。肝を炒めたスープで炊いたご飯は絶品。もう一品はキムチ炒め。キムチが酸っぱかった場合の対処法や、プルコギ用の豚肉を入れるタイミング、キムチ炒めをアレンジしてツナキムチ丼を作る方法も紹介。
#8 <キム・ハジンのヘルシーご飯> あさりとわかめのスープ、いかときゅうりのあえ物身近な食材で誰もが満足し、体にもいい料理の紹介。スープは、軟らかいわかめと乾燥あさりでコクを出し、深い味に仕上げる。もう一品の、いかときゅうりのあえ物は、塩もみをするときのポイントが大事。
#9 <イ・ジョンイムの食欲増進ご飯> 豆もやしとたこの炒め物ぷりぷりのたこと豆もやしのピリ辛炒め物。たこがぷりぷりに仕上がるコツを紹介。最後に、香ばしいえごまと栄養満点のにらのあえ物を載せ、ピリ辛炒めと一緒に食べれば、炒め物の辛さが和らぐ一品に。
#10 <パン・ヨンアのスタミナご飯> 鶏肉とにんにくの甘辛揚げ子供も大人も大好きな鶏肉とにんにくの甘辛揚げ。今回はささ身を使用し、こんがり色のカラっとした揚げ方を紹介。甘辛ソースは、コクと香りを出すために、梅シロップとはちみつを使用。味が濃くなり過ぎず、家族みんなで楽しめるレシピ。

1 2 3 4 5 »

ご視聴に関するお問い合わせはこちら

KNTVカスタマー 03-6809-5301

受付時間:平日10時~12時、13時~18時(土日祝/年末年始はお休み)

ページの先頭へ