「いろいろな嫁(原題)」のあらすじ

二卵性双生児のウンビョル(ウンジョン/T-ARA)とクムビョル(イ・ジュヨン)。子供の頃から比べられ、事あるごとにケンカしてきた2人にそれぞれ結婚話が持ち上がる。結婚を機に絶縁する気でいたウンビョルとクムビョルだったが、なんと嫁いだ先は古い邸宅を巡って法的に争いあっている敵同士の家だった!不仲だった2人だが、嫁ぎ先を和解させるため、手を取り合うことにするのだが……。

番組紹介へ

各話あらすじ

第1話ナ・ミョンジャは、二卵性双生児の姉のほうのクムビョルを溺愛し、ウンビョルをないがしろにする。クムビョルはナインファッションの後継ぎであるパク・ミノとの結婚をひかえ、ウンビョルは勤めていた出版社が倒産してしまう。そんな中、ナインファッションの会長であるパク・サングは、自分の自叙伝の執筆をウンビョルに依頼したいとクムビョルに相談する。テコンドーの師範であるチェ・ハンジュは評判の好青年で、弟子を捜すために入ったトイレでウンビョルと出会うのだが…。
第2話間違えて男子トイレに入ったウンビョルはハンジュを痴漢だと勘違いし、クムビョルは同僚たちにミノとの熱々ぶりを見せつける。クムビョルは結婚したらウンビョルと縁を切るとミノに言い、ミノはかつてライバルだったハンジュを見かける。そんな中、認知症の兆候を見せているハンジュの祖母のカン・ヘスンは、夜中に昔住んでいた家の門を叩く。ミノにプレゼントのお礼の電話をしたウンビョルは、サングがウンビョルに自叙伝の執筆を依頼しようとしてることを知るのだが…。
第3話クムビョルはサングの自叙伝の執筆を引き受けるというウンビョルに恥ずかしい妹だと言い、チェ・ドンジュはユン・ソヒに招かれて、かつて祖母の家だった“修惺斎(スソンジェ)”を訪れる。犬が苦手なために会社の面接に落ちたウンビョルは、ハンジュが捜していたキム・テギを見つけ、ハンジュに連絡する。テギの一件でハンジュとウンビョルはお互いに好感を抱き、どうしてもウンビョルに執筆を頼みたいサングは、ウンビョルに直接電話をするのだが…。
第4話ドンジュは修惺斎に行ったことをハンジュに話しながら、テコンドー選手の道を諦めたことを後悔していないかと聞く。ナインファッションの本部長になったミノは役員会議で厳しい意見を浴びせられ、サングはウンビョルに自叙伝を書くためのオフィスを借りてやると言う。ハンジュに心をよせているオ・ミジャは、手作り弁当を道場に届け、ハンジュと道場を共同経営しているチャン・デプンはミジャのことが気に入る。ハンジュと食事をしたウンビョルは帰り際に苦手な犬に追われ、ハンジュに抱きついてしまうのだが…。
第5話犬が大の苦手なウンビョルは犬に追われてハンジュの体に飛びつき、ハンジュはウンビョルに犬のトラウマを克服する訓練を提案する。ウンビョルは自伝の代作の契約金としてサングから1000万ウォンをもらい、ミノは父親の期待をプレッシャーに感じる。クムビョルの結婚資金に無尽のお金を当てにしていたミョンジャに、無尽の会長が逃げたという連絡が入る。そんな中、クムビョルと映画を見に行ったミノはトイレでハンジュと再会するのだが…。
第6話ハンジュと再会したミノは、過去に審判を買収し不正判決でハンジュに買った試合を思い返す。ウンビョルとデートを楽しんでいたハンジュのもとに、テギが交通事故に遭ったという連絡が入る。百貨店でミョンジャとぶつかったヨンエは、家に着いてからお互いのショッピングバッグが入れ代わったことに気づく。百貨店の駐車場係に暴行を働いたセレブの取材をしているジホは、その事件の担当弁護士であるドンジュに電話をかけるのだが…。
第7話果物を買おうとしたヘスンはお金を落とし、通りかかったウンビョルは風に飛ばされたお金を必死に拾う。ウンビョルはヘスンからお礼にもらったマクワウリを手土産に修惺齋を訪れ、それを見たクムビョルに怒られる。ヨンエは入れ代わった服を交換するためにミョンジャと待ち合わせをするのだがすっぽかされ、ミジャはハンジュのことが好きだとヘスンに打ち明ける。無尽の会長のお金を持つ逃げ去れたミョンジャは、ウンビョルにお金の相談をするのだが…。
第8話結婚資金が足りないことを知ったクムビョルは、足りない3000万ウォンは自分が用意するとミョンジャに豪語し、ソヒはミョンジャが無尽のお金をだまし取られたことを知る。恩師の葬式でデプンから暴行を受けたミノはデプンを訴えようとし、ケガした犬を見かけたウンビョルはハンジュに助けを求める。お金の工面に失敗したクムビョルは、ウンビョルが職を失い大金のかかるワークショップに参加しようとしていることを知り、ウンビョルの部屋に乗り込むのだが…。
第9話足りない結婚資金を工面できなくなったクムビョルは、ウンビョルにお金を借りるためにウンビョルの機嫌を取ろうとする。ミノに頭突きをしたデプンはミノに訴えられ、友達の飲食店にお金を借りに行ったミョンジャは店の客に従業員と間違えられる。修惺齋の訴訟に関与できないドンジュのために、法律事務所のチーム長はナインファッションの会計資料をドンジュ渡す。いっぽう、ハンジュは逃げた無尽の会長を偶然助けることになるのだが…。
第10話ソヒはクムビョルやミノの前で、ミョンジャの父親が事業に失敗したことを話ながら、ミョンジャのプライドを傷つける。ハンジュはヨーロッパに行くウンビョルのためにスーツケースを買い、スニョンは修惺齋の裁判に無関心な態度を取るドンジュに皮肉を言う。ウンビョルはスミンにハンジュのことを話ながら、ハンジュとつきあいたいと言い、ミノは和解したければハンジュをよこせとデプンに要求する。そして、認知症のヘスンが修惺齋を訪れるのだが…。

1 2 3 4 5 »

ご視聴に関するお問い合わせはこちら

KNTVカスタマー 03-6809-5301

受付時間:平日10時~12時、13時~18時(土日祝/年末年始はお休み)

ページの先頭へ