「キレイな男」のあらすじ

魔性の魅力を持つ“キレイな男”トッコ・マテ(チャン・グンソク)はそのルックスで 子供の頃から欲しいものはすべて手に入れてきた。母子家庭で育ち母親を助け るためパトロンからプレゼントをもらって生活していたマテだが、ある日母が病に倒れ自分を責める。母は死の間際に、マテが実の父に会うための合言葉を謎の 女ユラ(ハン・チェヨン)に残す。マテは合言葉を手に入れるため、ユラから命じら れた10人の女性から人生を学ぶことに。一方、学生時代からマテに片思い中の ボトン(IU)はそんなマテの支えになろうと奮闘する中で、マーチャンダイザーのダビデ(イ・ジャンウ)と出会う。ボトンに好意を持ったダビデは一緒にビジネスを立 ち上げることに。そこにマテも加わり、3人は事業を進めることになるが、一筋縄ではいかずトラブルが絶えない。そんな中ダビデがボトンに想いを寄せていると知ったマテは、ボトンこそが合言葉に関係があると気がつく。

番組紹介へ

各話あらすじ

第1話キレイな顔で不動産長者ジェッキ(ソ・ユジン)を誘惑し、家と車をゲットしたトッコ・マテ(チャン・グンソク)。そんなトッコ・マテを女子高生時代から片思いしてきたボトン(IU)は、10年経った今も相変わらずマテに夢中で、病弱なマテの母親ミスクを見守り世話をしている。そんなある日、マテは母親危篤の知らせを受け、病院に駆けつけようとするのだが、いつの頃からか偶然を装い、マテの前に姿を現すようになった謎の女ホン・ユラ(ハン・チェヨン)が、マテを呼び止めるのだが・・・。
第2話母親の死後、マテは謎の女ホン・ユラの正体を知る。一方ジェッキは、ユラと姿を消したマテが気になり、エレキ仙女(キム・イェウォン)の占いの館を訪ねるが、マテとユラは最高の相性で、特別な運命で絡んでいると聞かされ意気消沈する。その頃、マテはユラに謎の鍵を渡され、ボトンと郊外の倉庫に向かうのだが・・・!
第3話マテは倉庫の中の大量の靴下を売るために、テナントを借りてたたき売りを試みるが、予期せぬトラブルに巻き込まれてしまう。ボトンはテレビ通販で靴下を売ろうと考えMGテレビ通販を訪ねるが、そこでチェ・ダビデ(イ・ジャンウ)と運命的に再会する。一方マテは、ジェッキとの駆け引きの末にプロポーズを受け、第1番目の女、金持ちのジェッキ征服ミッションに、成功したかのように見えたのだが・・・!
第4話マテは第2番目の女、心を操るエレキ仙女から人の心を動かすノウハウを聞き出すために奮闘するが、彼女はなかなか心を開かない。ボトンは、ダビデとテレビ通販で靴下を売ろうとして頑張るが、取引業者登録に必要な資格がないために断念に追い込まれる。一方MGグループのナ・ホンラン副会長はユラの娘スルリを利用してユラに揺さぶりをかけるのだが・・・。
第5話マテの腕に抱かれたユラを見て傷付いたボトンは、靴下の販売のために、自分の家の倉庫を間借りしてはどうかというダビデの提案を受け入れる。エレキ仙女から人の心を操る秘法を聞き出したマテは、豪気にテレビ通販の編成部長を攻略しようとするが、部長の一風変わった姿に緊張し始めるのだが・・・。
第6話お掃除靴下を完売させたマテは、ダビデとボトンに靴下を生産してくれる工場を探させるが、なかなかうまくいかない。やっとの思いで見つけた“四足歩行”という靴下工場の社長は、靴下を溺愛する変わり者で、その攻略に四苦八苦する。ダビデはボトンを喜ばせたい一心で、ボトンの部屋のリフォームに乗り出し、その様子を見たマテはダビデと神経戦を繰り広げる。一方ユラはナ副会長の弱みを握るために人を雇って調査させ、ナ副会長はマテを訪ねて、とてつもない提案を投げかけるのだが・・・。
第7話マテは“第3の女 人脈の女王”キム・インジュンの力を借りて、ナ・ホンランのワナから抜け出すが、より危険な人脈のワナにかかり、崖っぷちに立たされる。ボトンに対する気持ちがどんどん大きくなってきたダビデは、特別な決心をして、ボトンの心を揺さぶる。一方本格的に事業を始めたボトン会社はダビデを採用、ボトンとダビデは、お掃除靴下の次の製品を世に出そうと、奇想天外なアイデアで商品プレゼンを行い、マテを驚かせるのだが・・・。
第8話キム・インジュンのクモの巣から逃れるために打って出たマテだが、追い込まれたインジュンは、トップスターとマテのスキャンダルで起死回生を図り、VIPの信頼を取り戻して、マテと秘めやな関係を結ぼうとする。“第4の女 タイミングを知る女”ミョミは、マニッシュな雰囲気が魅力のワールドスター。彼女の行動すべてがニュースになり、持つものすべてが完売になるほどの影響力を持つ。マテはそんなミョミがキム・インジュンに頭が上がらないことを不思議に思うのだが・・・。
第9話映画祭で主演女優賞に輝いたミョミ。その衝撃的な受賞あいさつが発端となり、告白ブームが巻き起こる中、キム・インジュンは崖っぷちに追い込まれる。インジュンはミョミに土下座し、ミョミを利用したことが知れると保険業界でやっていけなくなると言い、許してくれるよう懇願する。これによってマテはインジュンから解放され、ミョミと気兼ねなく会うのだが、彼女から思いがけない提案を受ける。一方ボトンとダビデは車の故障で、郊外で2人きりの時間を過ごすのだが・・・。
第10話クリスマスの日、マテにディナーに誘われたボトン。しかしその日はダビデのライブを見に行く約束をしていた。見かねたダビデは、ボトンが来ると緊張するからと言い、マテと食事に行くよう促す。ところが、ダビデとの先約を守り、ライブを見に行ったボトンに、ダビデは生まれて初めて作ったラブソングを歌い、その帰り道、初めて会った瞬間から好きだったとボトンに告白をするのだが・・・。

1

ご視聴に関するお問い合わせはこちら

KNTVカスタマー 03-6809-5301

受付時間:平日10時~12時、13時~18時(土日祝/年末年始はお休み)

ページの先頭へ