「相続者たち」のあらすじ

各話あらすじ

第1話



【絶望の中の出会い】

帝国グループの会長の婚外子であるタンは、異母兄のウォンからうとまれ、アメリカに留学していた。


一方、アメリカで結婚するという姉にお金を届けるため渡米したウンサンは、そこで姉の結婚が嘘であることを知り驚く。


さらにトラブルに巻き込まれ、言葉が通じず困っていたウンサンは、突然現れたタンに助けられ…。



第2話



【楽しいひととき】

タンは行くあてのないウンサンを自分の家に連れて来るが、ウンサンはとんでもない広さと高級そうなインテリアのある家にタンが1人で住んでいると知って驚き、危ない組織の人間ではないかと疑う。


そんなウンサンをからかうタンだったが、翌朝、プールサイドに立つウンサンにタンは目を奪われ固まってしまう。



第3話



【秘める痛み】

父親の指示でアメリカでのパーティーに参加することになったタン。


ウンサンを連れてパーティー会場である別荘へ行くが、そこで3年ぶりに兄のウォンと再会する。


タンは嬉しい気持ちで話しかけるが、ウォンの態度は厳しく、タンに冷たい言葉を浴びせる。


そんな2人の会話を聞いてしまったウンサンは心を痛めるが、タンは見たことを忘れるように言う。



第4話



【訪れる転機】

空港でタンに呼び止められたウンサンだったが、婚約者を1人にしてはいけないと連絡先も教えずに別れを告げる。


帰国したウンサンは、母親が家政婦をしている帝国グループ会長の家に住み込むことに。


そこで母親がこき使われる姿を目にして憤りを覚える。


一方、韓国に戻ってきたタンは、家で見知らぬ女の子の後ろ姿を目にし…。



第5話



【再会】

自分の家に住み込みで働き始めた家政婦の娘がウンサンだと知ったタン。


しかし、すぐには言いだせず、ウンサンのSNSで連絡をとったり、アルバイト先や学校に会いに行く。


そんな中、アメリカでタンとウンサンが会っていたことを知った会長は、ウンサンの母に長く勤めてくれたお礼だと言って、帝国高校への転校を勧める。



第6話



【波乱の幕開け】

帝国高校へ初めての登校をしたウンサンだったが、タンともヨンドとも顔見知りである様子に周囲の注目を集めてしまう。


さらに、学校の中の厳しい階級意識や人間関係を目の当たりにし不安を隠せないウンサン。


タンはそんなウンサンを周囲から守ろうとするが、ヨンドは自分に対して物怖じせず、タンとも関係があるウンサンに興味を示し…。



第7話



【苦い学校生活】

ウォンが家を出ると知り引き留めようとするタンだったが、いくら言葉を尽くしてもウォンは聞く耳を持たず出て行ってしまう。


一方、ヨンドに目をつけられ何かと絡まれるウンサン。


ある日、ヨンドに強制的に呼び出されたウンサンはヨンドの部屋へ行くが、それをラヘルに見られてしまう。


ラヘルはウンサンがヨンドの部屋にいたことをタンに告げ…。



第8話



【一途な気持ち】

タンはウンサンに気持ちを告げ抱きしめる。


しかし、ウンサンはタンの告白に応えることができず涙をこぼす。


それでも諦めずにウンサンへのアプローチを続けるタンは、ラヘルにもウンサンを好きになったことを告げる。


一方、会長がウンサンを帝国高校へ転校させた真意を知ったユン室長は、自分の過去を思い出し苦い気持ちになる。



第9話



【もう一つの想い】

ウンサンへの気持ちを自覚し始めたヨンドは、ラヘルにもらったウンサンの税関申告書を頼りにウンサンが昔住んでいた所を訪ね、ウンサンが金持ちの家ではないという確信を強める。


そんな中、アルバイト中のウンサンに絡む客を追い払ったヨンド。


助けてあげたにも関わらず敵意を向けてくるウンサンに対し、ヨンドは自分の気持ちを伝え…。



第10話



【それぞれの選択】

タンが突然家に訪れたヨンドと庭で話していることに気付かず帰ってきてしまったウンサン。


なんとかその場を取り繕おうとするが…。


一方、ラヘルは母親も含め食事会をしようとタンを誘う。


ウンサンのことで頭がいっぱいのタンに素っ気ない態度をされたラヘルは食事会の日、母親たちを前にタンとの婚約を破談にしたいと言いだす。



1 2 »

ご視聴に関するお問い合わせはこちら

KNTVカスタマー 03-6809-5301

受付時間:平日10時~12時、13時~18時(土日祝/年末年始はお休み)

ページの先頭へ