「最高です!スンシンちゃん」のあらすじ

各話あらすじ

第1話




優秀でキレイな2人の姉とは違って平凡な末っ子スンシンは就職もできず、毎日、次女のイ・ヘシンに蔑まされる。



兵役を終えてすぐ、病院で働くパク・チャヌは、雨の中家の近くでスンシンを見かけ、スンシンが自分に思いを寄せていることも知らずにヘシンの近況をたずねる。



就職ができずに肩身の狭い思いをするスンシンは、ホテルのアルバイトが決まるのだが、初日からパーティー会場で客とぶつかって客の服を汚してしまう。



一方、芸能事務所の代表取締役のシン・ジュノは、スンシンとぶつかったせいで昔の恋人の前で恥をかいてしまい、スンシンの上司にスンシンをクビにしろと言う。



アルバイトを1日でクビになったスンシンは、道ばたで芸能事務所の人にスカウトの話を持ちかけられたことを家族に話すも、家族のみんなにバカにされてしまう。



そんな中、夫と海外で暮らしていた長女のイ・ヘシンが帰国することになり、母親のキム・ジョンエは、腕によりをかけてごちそうを作っていると、スンシンは、自分の誕生日パーティーの準備だと勘違いする。





第2話




芸能事務所にスカウトの話を持ちかけられたスンシンは、母親のジョンエと芸能事務所の代表に会うと、その場で巨額の契約金を提示される。



元恋人のチェ・ヨナから会いたいと連絡をもらったジュノは、ヨナを自分の事務所にスカウトしようとするのだが、ヨナの用件は別だった。



一方、男にモテモテのユシンは、しつこくつきまとう男を切り離すために、偶然通りかかった幼なじみのチャヌに抱きついてしまう。



かつては大女優だったソン・ミリョンは、30年間マネージャーをしてきたファン・イルドがギャンブルの借金の返済のために、ドラマの仕事を取ったことを知りイルドをクビにする。



そして、そんなイルドはミリョンが引っ越した街で、スンシンの父親のイ・チャンフンを見かけ、そのことをミリョンに告げる。



そんな中、友達のパク・チャンミにシン・ジュノという人の芸能事務所と契約したことを話すスンシンのもとに、銀行から電話がかかってくるのだが・・・。





第3話




元恋人のヨナから連絡を受けたジュノは、ヨナに契約書を差し出すのだが、プロデューサーとしての腕を証明してほしいと条件を突きつけられる。



その条件とは、偶然見かけたスンシンをスターにすること。



一方、ジュノとぶつかり詐欺師を捕まえ損ねたスンシンは、詐欺師と契約の場所に使ったレストランがアルバイトを募集していることを知り、そのレストランで働くことになる。



形成外科で働くチャヌは、芸能事務所にスカウトされたお祝いとして自分が働く病院のクーポンをスンシンに渡す。



部下に肌が荒れていることを指摘されたユシンは、スンシンがチャヌからもらったクーポンを勝手に持ち出して、肌のケアを受けに病院へ行くと、診察室に入ってきたチャヌを見てびっくりする。 



そんな中、スンシンの幼なじみであり、親友のチャンミは、スンシンが詐欺に遭ったことを親と兄のチャヌに話してしまう。



そして、ミリョンに解雇されたイルドは、クラブでやけ酒を飲む。



そこで親しい記者と出会ってしまう。





第4話




スンシンと一緒に帰るためにジュノの芸能プロダクションを訪れた、スンシンの父親のチャンフンは、事務所と同じ建物の1階のレストランで働くスンシンを発見する。



スンシンは詐欺に遭ったお金は自分で返すから、母親のジョンエには秘密にしてほしいとチャンフンに頼む。



ヨナに平凡なスンシンをスターにしてみろと言われたジュノは、秘書のインソンに、スンシンに役者としての素質があるのか調べろと命じる。



一方、自分の過去が噂されていることを知ったミリョンは、そのことに気づかないジュノを責めたて、ジュノは急いで手を打つ。



チャンミの母親からスンシンが詐欺に遭ったことを知ったジョンエは、スンシンに事実を確かめるのだが、スンシンはチャンフンが話したと誤解し、ジョンエに話したことを責める。



ヘシンが離婚したことを知ってしまったチャンフンは、娘たちを励ますために、ソ・ジヌクが経営するパン店にケーキを注文する。





第5話




ミリョンは、自分の生い立ちをリークしたのがチャンフンだと思い込み、チャンフンに確かめるのだが、チャンフンはミリョンと口論の末、交通事故に遭ってしまう。



イルドは、ミリョンの過去を知っているチャンフンが死んだことは好都合だと言い、事故の目撃者であるミリョンに警察には行くなと言う。



ユシンはチャンフンの死をスンシンのせいにし、スンシンも自分に会いに来る途中で死んだと思い、罪悪感にさいなまれる。



そんな中、スンシンがレストランのバイトを休んだため、スンシンを捜し回っていたジュノの前に、アメリカにいるはずの妹のイジョンが現れ、女優になりたいと言われる。



一方、スンシンをスカウトしようとする目的が、ヨナと関係があると察したヨンフンは、自分の大事な従業員を利用するなとジュノに念を押す。



そして、ケーキを取りに来ないチャンフンに業を煮やしたジヌクは、チャンフンの携帯にしつこく電話するのだが・・・。





第6話




ジュノは、数日ぶりに現れたスンシンに、自分の名刺を渡して役者にならないかと言い、スンシンはジュノの名刺を見ながら涙をこぼす。



ジョンエは、チャンフンのいない寂しさを紛らわすために、家事に没頭する。



チャヌは、ユシンに飲み友達が必要な時はいつでも連絡していいと伝えるのだが、ユシンはチャヌとだけは飲まないと断る。



一方、チャンフンが事故に遭った道路を通りかかったミリョンは、目撃情報を求む横断幕を見て不安に陥る。



そして自分が弱っている時に、なついてくれるヨナに親密感を抱く。



ドンヒョクには内緒で帰国したイジョンは、家にいるところをドンヒョクに見つかってしまい、パジャマ姿のままジュノの会社へ逃げてしまう。



そんな中、離婚したことを隠したまま仕事を探すヘシンは、死んだチャンフンの携帯にパン屋からメールが来たことに気づき、パン屋を訪れる。



ジヌクはケーキを取りに来たヘシンに、ケーキを注文したまま何日も連絡を無視したチャンフンへの不満をぶつけてしまう。





第7話




レストランでスンシンと口論になったイジョンは、スンシンに水をかけようとして、自分の顔にかけてしまう。



イジョンと待ち合わせをしていたミリョンは、イジョンに代わってスンシンに謝る。



夫のチャンフンを失ったジョンエは、スンシンの借金を返済するために、仕事を探す。



一方、イジョンとスンシンがもめたことを知ったジュノは、スンシンに謝りに行くのだが、スンシンに相手にされない。



ジュノを捜しにレストランへ行った、秘書のインソンは、スンシンが詐欺に遭ったことを思い出し、ジュノにそのことを伝える。



チャンフンのお墓参りに訪れたミリョンは、事故は自分のせいではないとお墓に向かって話す。



そんな中、チャンフンの昔の写真を見つけたジョンエは、チャンフンの母親であるマクレに写真を見せながら、隣の女性がソン・ミリョンに似ていると話す。



そして、ケーキを注文したチャンフンが死んだことを知り、ヘシンにひどい態度を取ったことを後悔するジヌクは、店の前を通るヘシンに気づき、パンを持って行くのだが・・・。





第8話




借金の返済のためにジョンエが掃除の仕事を始めたことを知ったスンシンは、ジュノに契約を申し出る。



ジュノはスンシンに1200万ウォンの契約金を提示する。



金額が多すぎると思ったスンシンは、契約金はレストランでバイトして返すと言う。



酔ってチャヌと一夜を共にしてしまったユシンは、部下たちに友達の話だと言って、どうしたらいいか相談するのだが、部下たちは友達関係も終わりだと言う。



一方、ドンヒョクに意味深な言葉を言われたミリョンは、ドンヒョクに何の話か確かめに行くのだが、ドンヒョクは、チャンフンが死ぬ前にミリョンと一緒にいたことを知っていた。



そんな中、ユシンと一夜を共に過ごしたチャヌは、ユシンに責任を取るから結婚しようと言う。



そして、ヨナを見返すためにスンシンと契約したジュノは、会社の総力をあげて、スンシンを半年以内にデビューさせようとする。



スンシンは、ジュノからの契約金をレストランから1年分の給料を前払いしてもらったとウソをついてジョンエに渡し・・・。





第9話




チャンフンがギョンスクと一緒に撮った写真が気になったジョンエは、チャンフンと親しいマンボクにギョンスクのことを確かめに行く。ジムでミリョンと出会ったスンシンは、レストランでのことのお礼を言い、握手をしてもらう。



そして、ミリョンは、ジュノにスンシンのことを好評する。



一方、ユシンは、チャヌと一夜を過ごした日の記憶が戻り、驚きをかくせない。



スンシンが親に捨てられた時、K・Sのイニシャルが入った赤いマフラーをしていたことがどうしても気になるジョンエは、キム・ギョンスクについて調べる。



スンシンがジムをサボったことを知ったジュノは、スンシンを登山に連れて行くも、スンシンはチャンフンの影響で登山になれていた。



そんな中、ヘシンとウジュがチャヌといるところを見たジヌクは、ウジュにチャヌは誰なのかたずねる。



ウジュはチャヌのことを父親だと言ってしまう。そして、ジョンエはギョンスクのことをよく知っている人の情報をつかむのだが・・・。





第10話




スンシンとイジョンは、ミリョンから芝居のレッスンを受けることになるのだが、ミリョンはスンシンにだけ優しくし、イジョンには厳しい態度を取る。



何とかスンシンを半年以内にデビューさせたいジュノは、スンシンの平凡な顔を変えるために、父親のドンヒョクが運営する病院へ連れて行くが、スンシンは整形をするつもりはないと言って、帰ってしまう。



スンシンのバッグから台本を見つけたユシンは、父さんまで死なせておいてまた詐欺に遭ったのかとスンシンを問い詰め、スンシンは、チャンフンの死は自分のせいじゃないと言い返す。



チャヌとギクシャクしていたユシンは、チャヌに友達として仲直りを申し出て、お見合いに向かうチャヌにアドバイスをするためにジヌクのパン店に入る。 



チャヌをウジュの父親だと思っているジヌクは、ユシンにジヌクが所帯持ちであること伝える。



そして、ドンヒョクの病院を訪れたイジョンは、チャヌを見かけて再会を喜ぶのだが・・・。





1 2 3 4 5 »

ご視聴に関するお問い合わせはこちら

KNTVカスタマー 03-6809-5301

受付時間:平日11時~13時、14時~17時(土日祝/年末年始はお休み)

ページの先頭へ