シンデレラマン

クォン・サンウ主演最新ドラマ「シンデレラマン」

クォン・サンウ主演最新ドラマ「シンデレラマン」

放送日
放送は終了しました

視聴方法

ファッションとパッションがぶつかるサクセス・ラブストーリー。
クォン・サンウ1人2役主演最新作!

<アンコール放送>※日本語字幕放送


クォン・サンウ主演ドラマ「シンデレラマン」。
クォン・サンウがアパレルの御曹司と『バッタモノ天国』東大門市場のしがない洋服屋を行ったり来たり!
サクセス&ラブストーリーのスリリングな二重奏を奏でます。

■出演
クォン・サンウ(『BAD LOVE』『悲しき恋歌』『天国の階段』)、ユナ(少女時代)、ソン・チャンウィ(『神の天秤』『黄金の新婦』『イ・サン』)、ハン・ウンジョン(『大~韓民国の弁護士』)

■制作陣
演出:ユ・ジョンジュン(『いい人』『転生-NEXT』『4月物語』)
脚本:チョ・ユニョン(『ラストダンスは私と一緒に』『サマービーチ~海辺へ行こう』)

■みどころ
『シンデレラマン』は、世界的に有名な童話『王子とこじき』の現代版として制作されたドラマ。クォン・サンウが東大門で働く庶民オ・デサンとアパレルブランドの御曹司イ・ジュニの1人2役を演じることで話題を集めている。
ライバル役は『黄金の新婦』、『神の天秤』で主役を務め、ミュージカル俳優としても活躍中の若手実力派、ソン・チャンウィ。女性ヒロイン役を韓国アイドルグループ「少女時代」のユナが演じる。

■話題
現代版の「王子と乞食」、彼等ははたしてシンデレラになれるだろうか?
シンデレラを夢見る4人の男女の物語。MBCの新しい水木ドラマ『シンデレラマン』の制作発表会が2日午後ソウル小公洞のロッテホテルで開かれた。

現代版の「王子と乞食」をうたった『シンデレラマン』は、東大門ファッション街を背景にして、成功を夢見る文無しのオ・デサン(クォン・サンウ)と、やせ細った財閥3世のイ・ジュニ(クォン・サンウ)の人生が行き交う。生きている背景や性格は正反対だが、顔だけはあまりに似ている2人。デサンは金のためにジュニの代役を引き受けるが、ここには出生の秘密が隠されている。
さらに成功の門口で自分が私生児だという事実を知ったイ・ジュニの兄イ・ジェミン(ソン・チャンウィ)と、父の死によってフランス留学をあきらめて帰国したデザイナーの卵ソ・ユジン(ユンハ)、生意気の一言に尽きる信用金庫代表の娘でそしてデザイン学校の先輩チャン・セウン(ハン・ウンジョン)が絡んでくる。
よく似た2人の男の人生の交換は、現代版「王子と乞食」を彷彿とさせる。ここに題名からも推測できるように、シンデレラのような人生の逆転を夢見る者たちの成功と挫折、恋と葛藤が盛り込まれている。
ユ・ジョンジュンPDは「不況と失業難、就職難などの難しい状況の中で快活な物語をやってみたかった。王子と乞食という永遠のテーマと、一人二役という想像力を“奇跡の空間”東大門ファッションタウンに重ねた」と説明した。
チョ・ユニョン作家は「『シンデレラマン』は“シンデレラ”と“シンデレラマン”の話。4人の登場人物全員がシンデレラであり、シンデレラになりたいと思っている。しかし自分の居場所を守るのが似つかわしいのではないかと考える者たちでもある」と語った。

出演 : クォン・サンウ、ユナ、ソン・チャンウィほか
提供元 : MBC
話数 : 全16話
韓国放送日 : 2009年04月15日

あらすじ

東大門市場のファッション特区で、100億ウォンの財産を夢見て、働く青年オ・デサン(クォン・サンウ)。仕事で世話になった恩人が急死し、お葬式に出向いたデサンは、そこで娘のユジン(ユナ)に出会う。パリのファッション学校から夢半ばで帰国し、父親の借金まで背負うことになったユジンを、デサンは放っておくことができず、励まし、サポートする。
同じ頃、アパレル会社“ソフィア”社長の次男イ・ジュニ(クォン・サンウ1人2役)も、父親の死がきっかけでパリから帰国。会社経営などに全く興味がなかったジュニだったが、継母が生母の死にかかわっていることに気付き、復讐のために、ソフィアを奪い取ることを決意する。しかし、心臓病をわずらっているジュニには一刻も早い手術の必要があるのだった。
 そんなある日、偶然、出会ったデサンとジュニ。ジュニは、自分と瓜二つのデサンに自分が手術を無事に終え帰国するまでの身代わりアルバイトを持ちかける。果たして、デサンはこの“アルバイト”をやり遂げることができるだろうか?

登場人物

オ・デサン 役/クォン・サンウ
孤児として育ち、世の中に信じる人も怖いものもなく、頼りになるのは金だけだと思っている。


東大門市場の裏通りにある狭い倉庫を基点にして、ナイトクラブ用の服をコーディネートしたり、地方商人向けの衣料事業と、ブランド品の“コピー”作りのための隠し撮りまで、“大ヒット”を目指して走り回っている根っからの庶民。恩人の娘である、ソ・ユジンから、目が離せず、何かと手助けする。


そんなある日、自分とそっくりの財閥御曹司イ・ジュニに出会う。苦労して構えた店を守るために飛びついた1ヶ月間の身代わりアルバイトで、彼の人生が変わっていく・・・。

イ・ジュニ 役/クォン・サンウ(1人2役)
アパレル会社“ソフィア”社長の次男。
薄情な家族に嫌気がさし、フランスへ渡り19年。父の臨終の知らせを聞いて帰国した。ファッション経営学から料理に専攻を変えた彼に“ソフィア・アパレル”は、全く関心のないものだったが、父と唯一血のつながった彼にソフィアを継がせたい祖母の思惑と実母の死が絡み、ソフィアを奪い取る決心をする。


しかし、生母から遺伝した心臓病のために今すぐに移植手術が必要な体調のため、自分と瓜二つのデサンに1ヵ月間の身代わりのアルバイトを頼む。そして、家族には内緒で手術を受けるためパリへ向かうのだが……。

ソ・ユジン 役/ユナ(少女時代)
デザイナー志望。
Tシャツにジーンズ、スニーカーにビンテージ物の大きいバッグを持っていても、目立ってしまう天性の美に恵まれている。今すぐ飢え死するという状況におかれても、“デザイナー”というプライドだけは捨てない。パリの有名なファッションスクール「エスモード」の期待を背負う彼女にも人に言えない秘密があった。コピー商品と安物のトレンド天国「東大門市場」の問屋の娘だということだ。


そんな彼女が父の急死により、ある日突然、誰よりもイヤがってきた東大門市場の世界に飛び込むことになる。

イ・ジェミン 役/ソン・チャンウィ
“ソフィア”社長イ・ガンインの長男。
母親のオ女史が社長と再婚したことにより、ジュニの義兄になった。周囲の者は皆、強運の持ち主だと評価するが、社長と血のつながったジュニがいる限り、跡継ぎの座をいつ奪われるかわからない立場にある。


誰よりも熱心に働き、誰よりも成功に執着するハングリー王子の彼にとって、恋とは生まれ持ったハンディキャップを克服するための道具にすぎない。祖母と、ジュニを倒すためには、勝利の切り札となる資産家令嬢チャン・セウンを捕まえるしかないのだが、唯一の安らぎとなってくれるソ・ユジンが彼の心を揺らす。

チャン・セウン 役/ハン・ウンジョン
財閥“モア信用金庫”会長の一人娘。
高校生時代からモデルとして活躍したほどの容姿。衣替えになるとワードローブを全部捨てるほどトレンドに敏感なファッション好き。

先天的な才能50%、遊びで身につけた感覚50%、家の力で最高のデザイナーであるエレガンス・チェに師事する幸運をもつかみ、留学帰りの新進デザイナーとして注目されている。

過去にジェミンのプロポーズをあっさり断ったことを後悔していて、もう一度チャンスをくれたらと思うが、煮え切らないジェミンの反応にプライドが傷つく。そんな時、なぜかオ・デサンという男から目が離せなくなる。

カン・ジュオク会長 役/チョン・ヘソン
東大門市場で洋服生地屋からスタートし、周辺の小さな洋装店を少しずつ吸収して、屈指のファッション会社を立ち上げたカリスマ的存在。現在は一線を退いて田舎の別荘で暮らしているが、所有株とカリスマで君臨し、職員からは「王様会長」と呼ばれる。

オ・ソニョン女史 役/ユ・ヘリ
昔、燃えるような恋をした男の子どもを連れ、“ソフィア・アパレル”の不渡りを阻止できる程の持参金を持ってイ・ガンイン社長と結婚した。息子のジェミンが“ソフィア・アパレル”を継げるように支援しながら、カン・ジュオク会長と事あるごとに対立する。

執事 役/アン・ソクファン
広い知識と凡庸でない身のこなし。昔、カン会長に世話になったらしいが、それが何かは誰も知らない。普段は会長の身の回りの世話をしているが、彼女の指示でジュニ(デサン)の帝王学授業に肩入れすることになる。

シン・ギチョル理事 役/チョン・ギュス
ソフィア・アパレル新事業開発理事。理事という職責にありながら、課長である会長の息子にゴマをする達人。

エレガンス・チェ 役/イ・ビョンジュン
本名はチェ・マルボク。地道な自己管理と美容整形で40代前半に見えるものの、実は50代の大韓民国を代表するデザイナー。
上流層と幅広く交際しながら、大衆にはお呼びでない高級衣料を限定生産している。

ユジンの母(ユン・ウニ) 役/イ・ギョンジン
クッスンと一緒にお針子(ミシン踏み)から学んだ。ユジンの父の熱烈なプロポーズに負けて結婚したアカシアの花のような女性。夫に気兼ねしてずっと静かに家庭を守ってきたが、夫の死後、生活は激変し、ユジンを守るために市場で働き出す。

イ・クッスン 役/チャン・ジョンヒ
婦人服専門“オードリー”の女主人。15歳からミシンを踏んでいた東大門市場の生え抜き。若い頃はオードリー・ヘップバーンのように優雅を誇ったと自称するが確認不可能。ユジンの父に恋をしていたが、結局ダメ男の代名詞のパク社長と結婚した。ユジンに深い愛情を注ぐ。

マ・イサン 役/ジョンウ
生まれながらの腕っ節の強さと直感で暴力団に入り、今は東大門市場の管理と問題処理係を任されている。デサンの代役バイトを利用し、一攫千金を狙っている。

イ・ヒョンジョンチーム長 役/キム・ミニ
“ソフィア・アパレル”の新製品開発室の室長。
竹を割ったような性格で義理堅く、デザインに対する情熱は誰にも負けない。ユジンのライバル、そしてアドバイザーでもある。

ご視聴に関するお問い合わせはこちら

KNTVカスタマー 03-6809-5301

受付時間:平日10時~12時、13時~18時(土日祝/年末年始はお休み)

ページの先頭へ